広島のハーレーダビッドソン Fan BLOG プロミュージシャン活動停止しハーレー業界へ転身する管理人のBlog

最近の記事
ブログを引っ越ししま…
03/12 18:34
寿音-JUON Li…
07/28 18:47
こちらを見ていただい…
03/07 12:24
ブログを引越しいたし…
05/13 11:53
ウルトラはタンデムに…
05/10 11:43
ブラジリアンパーク …
05/08 15:10
出雲ツーリング
05/06 21:27
連休をいかがお過ごし…
05/02 00:27
十勝【花畑牧場】の生…
04/26 11:01
広島県廿日市市の少年…
04/25 16:46
最近のコメント
junさん、どうも~…
管理人 西本 圭介 05/11 19:59
うちのムスメも、スク…
くぢら 05/11 15:56
昔、取材でハーレーに…
jun 05/10 21:54
こちらこそ、ありがと…
管理人 西本 圭介 05/10 16:39
今日は。今日はあ…
ハルチャン 05/10 15:01
西本様、さっそくの回…
ケンニ 05/10 14:05
コメントありがとうご…
管理人 西本 圭介 05/10 12:40
はじめまして。08の…
ケンニ 05/10 11:41
ゆうぴいさん、久しぶ…
管理人 西本 圭介 05/09 10:13
harugariaさ…
管理人 西本 圭介 05/09 10:09
最近のトラックバック
うえのの「あなごめし…
10/16 19:18
超ガソリン高値時代の…
07/01 12:45

GUYATONE Micro Effector Series 試奏映像

今回はアドバイザーとして協力しているグヤトーンのマイクロシリーズの新製品の試奏コメントを紹介したいと思う。ここで紹介する映像は僕がホームビデオで撮影したもので、撮影のクオリティや音質等に関しては、グヤトーンは一切関わっていません。コメントもあくまでも西本個人の意見という観点でご覧ください。

CB-3 COOL BOOSTER

このブースターは非常にお勧めです。僕はブースターは音量のアップの為だけでなく、プリアンプ的な使い方をする事が多いですね。今回はあえてスタンダードなフェンダーのプレベを使ったのですが、プレベだとどうしてもミッドの締まりが弱く感じることが多いです。またパッシブなので、宅録の場合などは外付けのプリアンプで音質を補正することも多いのですが、外付けプリを使うと多少ノイジーになったり、原音感が損なわれることも往々にありました。このブースターは原音に忠実でなおかつブーミーにならず、ピッキングに反応して強く弾くとオーバードライブしやすくなるようになり、ミッドレンジの芯がグっと引き締まります。
価格も実売では1万弱なので、ライバル機と比べても価格の安さは特筆ものです。
CB-3 COOL BOOSTER その2

これは気に入って映像を追加しましたが、本当に素晴らしい!
効果が大きくわかりにくいタイプの物ですから、ビギナーには後回しにされがちなのですけど、こういうブースターを一台持っておくと、ライブハウスで出力が足りずパンチが無いと感じた時や、宅録でストレートにDIに繋いだときにゲインが足りずに引っ込んだ感じに録音されてしまうときなどに、あると助かる商品ですね。もちろん音質を損なわずに音量アップさせたいという使い方でも満足度が高いです。

HD-3  HOT DRIVE

これは超絶な歪みです。量産メーカーではビギナーがコントロール出来る範囲で設定しているものが多く、実践では今一歩のものが多いのですが、これは凶悪です!
楽器店の小さなアンプではハウリングがコントロール出来ずに使えないという判断を安易にされる可能性も大の商品です(笑) 
ただハウリングするということはフィードバックを得られやすいということで、ノン・ピッキングでのEボウ奏法(バイオリンのような音を伸ばして弾く奏法)を映像の途中でも披露していますが、このような奏法が出来ると言うことは素晴らしいです。
また極悪な歪みにも関わらずベースで必要な芯はしっかりあるし、音程感もしっかりしています。
これによって、バッキングで掛けっぱなしでも問題ないということが言えます。
こういうプロ仕様のディストーションはベース本体のボリュームコントロールとスイッチのオンオフのテクニックが不可欠です。
これさえ習得すれば、強力なアイテムになるでしょう。

OD-2+  OVER DRIVE

これはオーソドックスなチューブスクリーマータイプの歪みが得られるオーバードライブですね。ギタリストからも絶賛なのが分かります。伸びやかなロングサスティーンな歪みというよりもアンプを自然にドライブさせた感じに近いです。
これは歪みというのを全面に出すよりも、ピッキングに反応させて“歪ませる”という使い方が良いですね。
ですから、ハードな曲調にとらわれずにブルージーな演奏やバラードだって掛けっぱなしで使えます。
昔のチューブアンプを使ったようなナチュラルなテイストを低音量でも得られやすいので、小さなクラブでベーアンが小さくショボイ音の時に使ってやると、自然なトーンが逆に得られたりしますね。

SS-3  SONIC SHAPER

これは一度や二度の試奏ではわかりにくいタイプの物かもしれませんね。
ブースター的ともいえますが、僕の解釈では揺れの無いコーラスのような感じというか、音像がハッキリとしてパンチが出る、そして煌びやかな印象になるものです。
昔使っていたBBEソニックマキシマイザーの印象に近いとも言えます。
エキサイターほどギラギラにもならずに、好印象です。逆に言うと意識して試奏しないと変化に気が付かないかもしれません。初めから極度の音質変化を求めてはいけません。かなりプロ用ということが言えますので、プロの方には絶賛頂けると思います。



以上で映像と文章による簡単な説明とさせて頂きます。
あくまでも僕の見解なので、まずは皆さん自身で試奏させることをお勧めします。

エフェクター等の購入に際してはプラシーボ効果があることを忘れては行けません。価格が高く希少価値という売り文句を聞くと良い音のような気がしてしまいます。
グヤートンのマイクロ・シリーズは実売では1万円を切るようなものもありますので、ビギナー用と勘違いされて弾かず嫌いになることは残念です。
正直いって、これまで弾いてきたショーケースに鍵を掛けて陳列されているような高級機と遜色ない音が実現出来ています。ぜひ価格とかを見ずに他機種と比較試奏してほしいです。

またこのシリーズの最大のポイントはスイッチのノイズが小さい事です。トゥルーバイパス(SS-3のみトゥルーバイパスでは無い)の商品は往々にしてスイッチを踏むとバチッ!!というスイッチング・ノイズを発するものですが、このシリーズのスイッチは素晴らしいです。殆どスイッチノイズが出ません。そこも要チェックです。

この製品に興味のある方は以下のURLへGO
http://www.guyatone.jp/guyatone_micro_effector.htm
エフェクター | 投稿者 ルートウエスト 20:20 | コメント(1)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
こんばんわ。mixiのほうでも同様の映像をアップしましたところ好評で感謝しています。
この映像では音が圧縮されている為に効果が分かりずらい点をお詫びします。
このシリーズのポイントは音はさることながら筐体の小ささです。
これは昨今、コンパクトをスイッチングシステムでコントロールするケースが多いことから、ボード内でスペースを取らないことにアドバンテージがあると言えます。
重量についてもたくさんのコンパクトを搭載すると自ずと重くなるので、その点も良いですね。
ただし、このシリーズをボードで組まずに床置きして数珠繋ぎする人に注意です。
このシリーズは軽いという利点の代わりに床に安定しにくいという面もあります。
ですからパッチケーブルが太く固いもので結線するとジャックに負荷が掛かる場合があります。
下手するとペダルが不用意に動き、最悪はジヤック部分が破損することもあります。
お勧めはボードにしっかりと固定し、結線するパッチケーブルは高質なもので細いタイプを使ってください。
そのことで、ジャックに負荷を掛けるのを防げます。
コンパクトタイプで各部を強固なものにすると比例して筐体が重くなってしまうということもあり、このシリーズの利点であるコンパクトで軽いという点を安心して使うには多少の工夫が必要になります。
参考にしてください。
また感想や質問があればドシドシ書き込んでください。
投稿者 西本 圭介 2007/03/12 23:25
<<  2007年 3月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ホビダス[趣味の総合サイト]