広島のハーレーダビッドソン Fan BLOG プロミュージシャン活動停止しハーレー業界へ転身する管理人のBlog

最近の記事
ブログを引っ越ししま…
03/12 18:34
寿音-JUON Li…
07/28 18:47
こちらを見ていただい…
03/07 12:24
ブログを引越しいたし…
05/13 11:53
ウルトラはタンデムに…
05/10 11:43
ブラジリアンパーク …
05/08 15:10
出雲ツーリング
05/06 21:27
連休をいかがお過ごし…
05/02 00:27
十勝【花畑牧場】の生…
04/26 11:01
広島県廿日市市の少年…
04/25 16:46
最近のコメント
junさん、どうも~…
管理人 西本 圭介 05/11 19:59
うちのムスメも、スク…
くぢら 05/11 15:56
昔、取材でハーレーに…
jun 05/10 21:54
こちらこそ、ありがと…
管理人 西本 圭介 05/10 16:39
今日は。今日はあ…
ハルチャン 05/10 15:01
西本様、さっそくの回…
ケンニ 05/10 14:05
コメントありがとうご…
管理人 西本 圭介 05/10 12:40
はじめまして。08の…
ケンニ 05/10 11:41
ゆうぴいさん、久しぶ…
管理人 西本 圭介 05/09 10:13
harugariaさ…
管理人 西本 圭介 05/09 10:09
最近のトラックバック
うえのの「あなごめし…
10/16 19:18
超ガソリン高値時代の…
07/01 12:45

ハイテク・ベーシストを目指すための思考回路について =その2=

=その1=ではエレクトリック・ベースはギター族の楽器であると締めましたが、続きを書くことにします。
ベース奏法の多くをギターから応用出来ることは分かってもらえたと思いますが、誤解を招かないように書いておきます。
ギター族であるということはテクニック(奏法)の事を指しており、役割はもちろんウッドベース(コントラバス)と通じることは忘れないでください。
音楽の低音部を司る楽器ですから、役割的にはコードを安定させるルートを中心にしたパートを演奏することになります。僕の説明が足りないと、ギタリストなら誰でもベースが弾けると勘違いされてしまいますが、ベーシストに必要なのはスタイルにあったベースラインを弾くことです。
こういう観点からウッドベースのテクニックを応用してウッドベース的なニュアンスを表現する必要性は出てきます。その場合はウッドベースの奏法を応用することも必要となります。
その点は誤解の無いようにしてください。テクニックはギタリストからも学べるが、役割についてはクラッシックやポピューラーのベーシストの巨匠達から多くを学ぶべきです。

話を戻しましょう。ギター族であるということで、エレクトリック・ベース(以下ベースとします。)はストラップを肩から掛けてネックは床に対して並行に近い体勢で弾く楽器ですよね。
このストラップを掛けて演奏する楽器であるということは非常に重要な要素です。
ストラップを掛けるという行為があったからこそ、ステージングという概念も生まれ、走ったり飛んだりしながら弾けるわけです。
ウッドベースでもステージングは出来ますが、フォーム(抱える姿勢)については多くの違いがあるといえます。
ウッドベースの場合はベースを床に設置させていることから、基本的に練習や録音時もステージでもフォーム(姿勢)が大きく変わることはありません。

しかしベースの場合は別です。
最近のプレイヤーの多くはストラップを腰下くらいまで伸ばして構えている事がありますよね。これはルックス的な部分では否定はしませんが、テクニックの上達の妨げになるケースが往々にしてあります。
家で練習するときは椅子に座って練習し、スタジオではストラップを長くして構えるので、普段出来る演奏が出来なかったり、手首に痛めたりする事があるようです。

上達の早道はストラップは座って練習する高さと立った時が同じになるように調整してほしいということです。
前記したようにルックス的にかっこわるいと思ったりする事もありますが、それは一端忘れてください。
一端上達してしまえば、TPOに合わせてストラップは長くしても良いです。
練習の過程においては基本に忠実なフォームを構築することのほうが重要なのです。

まずはあなたの思考回路に上達することを望むのかファッションでベースを弾きたいのかを明確にしてほしいということです。
ここを読む大半の人は上達を望んでいるでしょうから。迷わずストラップは座ったときと同じ高さにしてください。

ストラップは座った時と立った時を同じ位置にしよう。
BASSレッスン | 投稿者 ルートウエスト 21:55 | コメント(2)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
お久しぶりです!
かなり勉強になります。

ストラップ等に関してはボクも同意見です。
ANに行っていた頃も、レッスン中は立って弾いてました。ボクだけでしたが。笑

座って弾く際も、右ふとももにベースをのせず左ふとももにのせてました(両足の間)

是非参考にしてくださ~い。
投稿者 ケースケ ジンライ 2007/03/20 13:01
コメント、ありがとうございます<(_ _)>
今後とも、アドバイス等ありましたら書き込んでくださいませ。
投稿者 西本 圭介 2007/03/29 10:32
<<  2007年 3月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ホビダス[趣味の総合サイト]