広島のハーレーダビッドソン Fan BLOG プロミュージシャン活動停止しハーレー業界へ転身する管理人のBlog

最近の記事
ブログを引っ越ししま…
03/12 18:34
寿音-JUON Li…
07/28 18:47
こちらを見ていただい…
03/07 12:24
ブログを引越しいたし…
05/13 11:53
ウルトラはタンデムに…
05/10 11:43
ブラジリアンパーク …
05/08 15:10
出雲ツーリング
05/06 21:27
連休をいかがお過ごし…
05/02 00:27
十勝【花畑牧場】の生…
04/26 11:01
広島県廿日市市の少年…
04/25 16:46
最近のコメント
junさん、どうも~…
管理人 西本 圭介 05/11 19:59
うちのムスメも、スク…
くぢら 05/11 15:56
昔、取材でハーレーに…
jun 05/10 21:54
こちらこそ、ありがと…
管理人 西本 圭介 05/10 16:39
今日は。今日はあ…
ハルチャン 05/10 15:01
西本様、さっそくの回…
ケンニ 05/10 14:05
コメントありがとうご…
管理人 西本 圭介 05/10 12:40
はじめまして。08の…
ケンニ 05/10 11:41
ゆうぴいさん、久しぶ…
管理人 西本 圭介 05/09 10:13
harugariaさ…
管理人 西本 圭介 05/09 10:09
最近のトラックバック
うえのの「あなごめし…
10/16 19:18
超ガソリン高値時代の…
07/01 12:45

Washburn Bantam ダブルネック 


80年代に登場した「Washburn Bantam Series 」のダブルネック・バージョンです。
参考ホームページ

さて、このベースを使えるようにメンテ&改造することにします。


まず一回全バラにして清掃し、不必要な穴は埋めてしまいます。

これは前オーナーが取り付けたフィンガーレストのネジ穴跡。爪楊枝をエポキシ系のボンドで固めて埋め込みます。固まったら奇麗に表面処理して黒ペイントをタッチアップで終了。
簡単な補修はポスカのようなペンでOK。


フレットもサビサビだったので、サンドペーパーで根気よく錆びを落とし、フレットの凹みも修正していきます。



このベースはフレットレスもついていますから、フレットの処理だけでなく、フレットレスの指板もサンドペーパーを使って平にしていきます。
ちなみに購入時は音詰まりやバズが酷い荒れた指板でした。


フレットとフレットレス指板を調整したら、一旦弦を張ってみてトラスロッドでネックの反りを調整してみます。
ある程度は弦高は下がりましたが、弦高をベストにするポイントはブリッジの調整だけでなくナットの調整がかなり重要です。
安価ベースの多くが、ナットの高さが結構高すぎのようで、これが弾きにくさの原因です。
まずブラス(シルバーメッキ)のナットを外して、底辺をヤスリで丁寧に削って全体の高さを調整します。


次に棒ヤスリを使って弦ごとの高さを調整します。これはコンマ何ミリという調整ですので、弦をつけたり外したりと大変です。

結果は凄く弾きやすくなり、運指も楽になり、サウンドも良くなりました。


次にベース自体のバランスが非常に悪く、これを改善します。
スタインバーガーの類似品は単に形状を真似ただけで、バランスということは無視しています。
デフォルトのストラップピンの位置で演奏が出来る人を見てみたいものです。

そこで、このピンの位置からロッドを延ばして12フレット付近にストラップピンがくるように改造します。
まずは、この穴を拡大します。

電動ドライバーで一発。
言うは簡単だけど、楽器に穴をあけるのは緊張します。

この穴にホームセンターで買ってきたボルトを受ける筒状のナットを埋め込みます。
この名称わかりませんが、木材用でなくコンクリート用のようです。
この筒状のナットを埋め込んでハンマーで叩くと中で膨張して抜けなくなる仕組みです。


叩き込んだら、ルックス的な意味あいでパテを使って回りを整形し直します。

乾いたらペイントマーカーでチョチョいと塗っておきます。見えないから適当で良いのです(笑)


さて次にホームセンターで買ってきた8mmのロングボルトをつけてみます。
この状態でストラップを仮につってみてベストバランスのポイントを見つけます。
今回は12フレットの上にすることにしました。ちなみに私のベナベンテは11フレットの上です。

このロングボルトは閉め込むだけでも大丈夫だとおもうけど、精神衛生的に脱落防止用としてナットで固定しておきます。これでスパナを使わないと外れなくなりました。

ボルト抜き出しだと、演奏中に危ないことと、ちょっと無骨すぎるので、バイク用のオイルホースを使ってカバーにします。


必要ないときは外して持ち運べるようなロング・ストラップピンの完成です。


どうですか。かなりサイバーになってきました(笑)
ルックスはもとより、バランスは最高です。全く違和感がありません。
ダブルネックですが、完璧なボディバランスです。メーカーがこういうことを発想できないというのが情けないです。メーカーは私を雇用すべきです(笑)


次は御得意のフィンガーランプです。
今回は破材の板を使って、トップに黒いプラ版を張り合わせることでピックアップのプラスチックと統一されることにします。
今回はランプにアールをつけたりしないので、板の上にプラ板をエポキシ系のボンドで貼付けて、箱状に整形しただけです。かなりお手軽仕様。


ボディやピックアップはつや消し黒なのにランプだけが艶ありで今は浮いていますが、そのうち傷だらけになって質感は似てくるでしょう。
それにしてもランプの高さは絶妙です。何十回と制作した経験です(^-^)

弦の底辺とランプの上辺の距離は2mmとなっており、すれすれです。


そして最後ですが、ストリング・ダンパーを改造して装着しました。
誰も興味ないと思うので、割愛しますが、なかなか興味深い改造方法で取り付けたのですよ。
このダンパーはタッピング時用です。
ハイポジでのソロなとでも結構使います。



完成!!
弾いた感想は最高の一言です。完全に生まれ変わりました。
自分はリペアマンかと思うくらいの成功です(笑)
まずダブルネックですのでやっぱ重いです。5kgほどですが、ズシっときます。
そして両方のネックは弾きにくい。片方をベストポジジョンの高さにすると、片方が弾きにくくなるので、両方の妥協点でストラップの長さを設定したので、どちらも少しずつ弾きにくいという(^-^;

でもこういう楽器にしてはかなり良いセッティングと演奏感ではないかな。
他の弾いたことないけど。

次は配線関係を見直して、実践的な仕上げに入っていくとします。
いや疲れた。
ベース機材 | 投稿者 ルートウエスト 18:40 | コメント(0)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
この記事へのコメントはありません。
<<  2007年 7月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
ホビダス[趣味の総合サイト]