広島のハーレーダビッドソン Fan BLOG プロミュージシャン活動停止しハーレー業界へ転身する管理人のBlog

最近の記事
ブログを引っ越ししま…
03/12 18:34
寿音-JUON Li…
07/28 18:47
こちらを見ていただい…
03/07 12:24
ブログを引越しいたし…
05/13 11:53
ウルトラはタンデムに…
05/10 11:43
ブラジリアンパーク …
05/08 15:10
出雲ツーリング
05/06 21:27
連休をいかがお過ごし…
05/02 00:27
十勝【花畑牧場】の生…
04/26 11:01
広島県廿日市市の少年…
04/25 16:46
最近のコメント
junさん、どうも~…
管理人 西本 圭介 05/11 19:59
うちのムスメも、スク…
くぢら 05/11 15:56
昔、取材でハーレーに…
jun 05/10 21:54
こちらこそ、ありがと…
管理人 西本 圭介 05/10 16:39
今日は。今日はあ…
ハルチャン 05/10 15:01
西本様、さっそくの回…
ケンニ 05/10 14:05
コメントありがとうご…
管理人 西本 圭介 05/10 12:40
はじめまして。08の…
ケンニ 05/10 11:41
ゆうぴいさん、久しぶ…
管理人 西本 圭介 05/09 10:13
harugariaさ…
管理人 西本 圭介 05/09 10:09
最近のトラックバック
うえのの「あなごめし…
10/16 19:18
超ガソリン高値時代の…
07/01 12:45

ヘッドレスベース バランス加工

スタインバーガー・タイプ・ベースでの鬼門である超絶なバランスの悪さを改善する為に考案した自作改造「エクステンド・ストラップピン」ですが、新たに一時期、国内で多く売られておりヤフオク流通率が高いと言われているホーナー社のスタインバーガー・コピーにこのストラップ・ピンを付けてみる事にした。これまでと同様の改造ではあるが、細かい点で色々とテクニックがついてきたという。今回はちょっと細かい点についてを記載しておこう。


今回の題材は一番左の木目のやつです。各ベースごとの「エクステンド・ストラップピン」の角度が結構キモです。

さて、取り付けに関しては、過去の記事も参考にしてくださいね。


まずはドリルで穴を開けます。いきなり目的の太さのドリルは使わずに細めのものから段階的に開けてください。いきなり太くしていくと塗装面が割れる事があります。


このようにドリルにテーピングをして埋め込むナットの深さをしっかりと調整します。ここで適当にやるとナットが深く沈みすぎたり、飛び出しすぎで格好悪くなります。


ドリルで削り、ナットの大きさを微調整していきます。ナットがギリギリで通るくらいにします。最終的にハンマーでおもいっきり叩き込むので超ギリギリのクリアランスで良いのです。


ナットをハンマーでおもいっきり叩き込みます。これは以前の記事で紹介していますが、叩き込むと中で拡張して外れなくなるという特殊なナットです。


叩き込んだら、長いボルトをねじ込んでみます。今回は慣れて来たのでナットの埋まり具合も絶妙になってきました。


この埋め込みナットにボルトをねじ込んだだけでは緩んできますから、必ず別のナットで締めてください。ちなみにボルトのサイズは8mmを使いますので、ナットも8mm用を買ってください。これまでの経験で8mmのボルトで強度的には十分です。


ボルトには今回もプラスチックのホースをかぶせています。これはルックス的な意味合いなので素材は自由にチョイスしてください。
写真のように今回のポイントは体に向けて角度を付けて取り付けていることです。これにより非常に普通のベースのようなバランス感を得る事が出来ました。


このように手を離してもバランスばっちりです。

この改造に掛かる費用ですが、埋め込みナット8mm対応が200円以下、長い8mmボルトが150円位、8mmナット3~4個100円くらい、ワッシャー数枚100円くらいです。ホームセンターで500円もあれば余裕で部品はそろいます。
後はドリルがあれば良いくらいです。ホームセンターで5000円以下で買えますから、マニアックなベーシストは必ず持っていたいものです。

改造に際して、気をつけるポイントをいかに記載しておきます。

・「エクステンド・ストラップピン」がベースに対してどういう向きに取り付けたいかを計算してドリルで穴を開ける事。トップの写真のようにちょっとの穴の向きで実際はかなりエクステンド・ストラップピンの角度が変わります。ちなみに僕のベストは今回作ったヤツの角度です。

・ドリルでの穴開けは段階的に大きくすること。深さについては十分に計算してドリルの歯にマーキングしておく事。

・塗装の割れに気をつける事。塗装割れが怖い場合は予め穴を開ける予定のサイズにカッターナイフで塗装に切れ目を入れておく事。これによりクラックが拡大しなくなります。

・ストラップの位置は目安としては12フレット真上だが、11フレット付近に伸ばしても弾きやすさは大分変わるので、実際にストラップの位置を色々と試してからボルトをカットしましょう。


それでは、やる人は超少ないと思いますが、参考にしてください(σ-"-)σ
日記 | 投稿者 ルートウエスト 09:40 | コメント(0)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
この記事へのコメントはありません。
<<  2007年 10月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
ホビダス[趣味の総合サイト]