広島のハーレーダビッドソン Fan BLOG プロミュージシャン活動停止しハーレー業界へ転身する管理人のBlog

最近の記事
ブログを引っ越ししま…
03/12 18:34
寿音-JUON Li…
07/28 18:47
こちらを見ていただい…
03/07 12:24
ブログを引越しいたし…
05/13 11:53
ウルトラはタンデムに…
05/10 11:43
ブラジリアンパーク …
05/08 15:10
出雲ツーリング
05/06 21:27
連休をいかがお過ごし…
05/02 00:27
十勝【花畑牧場】の生…
04/26 11:01
広島県廿日市市の少年…
04/25 16:46
最近のコメント
junさん、どうも~…
管理人 西本 圭介 05/11 19:59
うちのムスメも、スク…
くぢら 05/11 15:56
昔、取材でハーレーに…
jun 05/10 21:54
こちらこそ、ありがと…
管理人 西本 圭介 05/10 16:39
今日は。今日はあ…
ハルチャン 05/10 15:01
西本様、さっそくの回…
ケンニ 05/10 14:05
コメントありがとうご…
管理人 西本 圭介 05/10 12:40
はじめまして。08の…
ケンニ 05/10 11:41
ゆうぴいさん、久しぶ…
管理人 西本 圭介 05/09 10:13
harugariaさ…
管理人 西本 圭介 05/09 10:09
最近のトラックバック
うえのの「あなごめし…
10/16 19:18
超ガソリン高値時代の…
07/01 12:45

ハーレーダビッドソン2008モデル 試乗レポート

ちょっとご無沙汰です。
ハーレーダビッドソンバルコム広島に勤務開始してから一週間ちょっと経過しました。
相変わらず、覚えることに徹していますので、頭のメモリーはフルフル状態でございます。

そんな中、今日は会社にある試乗車に乗ってみることにしました。

まずはスポーツスター883ロー

やはり最初は自分の愛車と同系列に乗ってみて判断する基準点をつくらなければなりません。

イグニッションを回してエンジンを掛けるという儀式は僕の98年式と全く同じだけど、今日初めて掛けるエンジンとは思えないように、あっけなくエンジンが一発で掛かり、アイドリングが安定します。
これにはびっくりです。2008年モデルは全車インジェクションとなっているので、キャブのようにチョークを全開にして始動して..というような儀式はいっさい必要なしです。ガソリンのコックもないので、僕には違和感があります。
少しのあいだ暖気してスタートです。

お~!!!!!!!!!!!!!!!! こりゃ~なんじゃ!!!

凄げ~!!!!!!!!!!!!! という言葉にも出来ないほどによく走ります。

例えるなら電気モーターのようにスルスルとまわるんです。
以前僕のバイクにFCRキャブをつけた時に同じような似た感動がありましたが、これはそれをも上回る感動です。

こ、こ、れで十分ちゃうん。よく回るし、よし止まるし、しかも883ローは足つきが僕の愛車よりも良い感じです。僕はわざわざ11インチのサスを組んでベタベタに車高を下げているのに~。ストックで十分低いよ。

はっきり言ってこれは欲しいです。通勤快速マシンになります。取り回し良いし。

ただし音に関してはジェントルですね~。走っていてほとんど排気音は聞こえません。僕の98年式のスポーツスターの純正マフラーが凄げ~過激な音に感じるくらいだから(笑)
アイドリングが高いということと排気音を除けば、大満足でしたね。

次はスポーツスター1200ロードスターです。
これはさらに楽しみな車体でしたが、乗った印象は街乗りのストップアンドゴーの多い走りでは、排気量をもてあましている感じで、出だしでもったりした感じがあった。
高速走行などでは883よりもアドバンテージがあると思うけど、正直街中では低速のツキがいまいちだな~と思った印象のほうが強かったかな。
多分、乗りこなせる人には、こちらなんだろうけど、僕的には883で十分だし楽しいと思ったね。そういう意味で安価モデルの883で十分楽しめると思うよ。
スポーツスターのラインナップはこちら


次はダイナローライダーだ!
これもいい~!じゃん。
スポーツターがより過激になった感じ。ただ1200のスポーツスターのようなギクシャク感は無く、1584ccのトルクでグイグイと押し出される感じ。
またラバーマウントのエンジンが股下で揺れる感じは凄く新鮮。スポーツスターもラバーマウントだけど、揺れ方は全然違う。
とにかく走りだったらダイナ系だと思った。このローライダーは小柄な僕でも足はベッタリだし、凄い乗りやすい。これはポイント!
ただ、個性がちょっと弱いかなという感じはするな。アメリカ大陸を凄い巡航スピードでぶっ飛ばすというシュチュエーションなら迷わずダイナ系だけど、日本の街中でこの醍醐味を使いこなせるかというと....。
スポーツスターがかなり成熟しているだけにちょっと微妙な立ち位置ではないかという気はする。でもアメリカのヘルズエンジェルスなんかではFXRとかダイナが多いみたいだし、贅肉を落とした必要に徹した走りという点では凄く評価出来るモデルだと思う。

ダイナのラインナップはこちら


お次はソフテイル・カスタムだ。
昔ソフテイルの87年にのっていたので、それの記憶との比較を試みたけど、全くの別物。
リジットマウントのエンジンなのでさぞ揺れるかと思ったら、ラバーマウントとほぼ変わらない感じで、不快な振動はなかった。
走りはダイナ系で想像した感じだったけど、僕には乗車ポジションがきついな~。足でブレーキ踏むのキツ~(笑)
これは僕の個人的な問題なので、背が大きい人はこのポジジョンが楽で格好良いだろうね。
ルックス的にはシートを社外で薄くして、ローダウンを5cm位すれば、それだけでかなり格好良くなるはず!
ハンドルとウインカーをいじれば、結構カスタム色は強くなるよね。

僕の価値観ではソフテイルは車高さげるべきだと思う。カスタムしたら格好良くなる車種だね。乗り味はこれまでのレポートと同じくスムーズで初心者でも問題なく乗れる!


次は同じくソフテイルシリーズのなかでも威風堂々としたスタイルのヘリテイジ・ソフテイル・クラッシックだ。
これは今日の本音で欲しいバイクナンバーワンかな。
前記したソフテイルカスタムとは骨格は一緒だけど、ハンドルやステップ等の違いで全く別のバイクみたい。
とにかく楽チンでいて、ハーレーダビッドソンらしさというのがあるんだな~。
足つきもかなり良いので、多少シートのアンコを抜いて整形しなおせば僕でも足つきベタベタだよ。
サドルバックもあるしシールドもあるし快適でいながらにして、不必要に重量感を感じさせない。

そして、ポイントはエンジンを止めてからバイクを押したり引いたりする数値上の重量ではなくて取り回し安さという点でもこのモデルはお勧めしたい。

この一週間ハーレーダビッドソンの全車種、またBMWも動かしているけど、実際の重量と取り回し安さは違います。僕的には線が細いソフテイル・カスタムやナイトトレインのほうが取り回しは難しい。逆にヘリテイジは凄く取り回しやすいんだ。
これはハンドル形状による部分も大きいだろうね。

とにかくスムーズて楽チン! 欲しい~!

ソフテイルのラインナップはこちら


お次はツーリングモデルのエレクトラグライド・スタンダードだ。

正直乗るのを一番敬遠していた車種。押し引きは毎日やっていて、なんど「おっと...」と立ゴケしそうになったか(笑)
しかし乗らないわけにもいかないので、勇気を振り絞ってまたがります。
お~.....やっぱ足つきは少し悪いです。
シート高の問題ではなく、シートがゴージャスすぎて幅がひろいんだね。
僕には不必要にでかいので、買うとしたらアンコ抜きをしてシート高は5cmは落とすと思う。そうすれば、十分足は着くね。
何とか走り出したら、これまた快適。他の車種も僕の今まで乗っていたビックツインやスポーツスターとは比べ物にならない快適性だけど、これは別格。
車です! バイクというよりもアメ車に乗っている感じ。これならロングツーリングは楽しいだろうな~。また大きいけど、いったん走ればヒラヒラと走れます。初体験の僕でも問題なかったのだから一週間も立てば大きさも気にならなくなると思う。
逆に帰宅時に自分のスポーツスターに乗ったら250ccのバイクかと思ったもん(笑)

ただこのモデルはアイドリングが高いね~。止まったときに不必要に振動が凄くて、もっとドドドン..ドドドン..とちまたでよく言う三拍子というやつになれば良いと思った。
他のモデルでは三拍子というのは気にならなかったし、僕自身さほどアイドリングの音は気にしていないのだけど、このモデルはさすがにもっとおおらかな鼓動がほしいように感じた。

ツーリングモデルのラインナップ


後、ビューエルも乗ったけど、僕にはオーバースペックかな~。それと試乗車が車高の高いタイプだったのでとにかく停車が怖かった(笑)
僕はスポーツスターのほうでいいや(笑)

そんな感じでレポートというほどではないけど、簡単に書いてみました。

総評としては、凄い完成度が高い。
10年前くらいのハーレーに乗っていて、結構満足している人も現行車乗ったらビビルと思う。
だってチューンしまくった状態がストックなんだからね。2008年式を買う初心者はこれが普通と思うのだから恐ろしいことだ...(^_^;)

やっぱ巷で言われている、排気音の小ささやアイドリングの高さというのは感じたし、そこは惜しい部分ではあるけど、自分が格好良いと思っている排気音も周りには騒音でしかないわけだし、アイドリングも所詮は止まっている時のことだし、走るという本来の目的を中心に考えれば、新型は正常に進化していると思った。

今日のところはヘリテイジかツーリングモデルが欲しいかな。
おっとVロッドシリーズは結構売れていて、在庫も試乗車もないので次回またレポートします。
日記 | 投稿者 ルートウエスト 19:51 | コメント(0)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
この記事へのコメントはありません。
<<  2008年 4月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
ホビダス[趣味の総合サイト]