広島のハーレーダビッドソン Fan BLOG プロミュージシャン活動停止しハーレー業界へ転身する管理人のBlog

最近の記事
ブログを引っ越ししま…
03/12 18:34
寿音-JUON Li…
07/28 18:47
こちらを見ていただい…
03/07 12:24
ブログを引越しいたし…
05/13 11:53
ウルトラはタンデムに…
05/10 11:43
ブラジリアンパーク …
05/08 15:10
出雲ツーリング
05/06 21:27
連休をいかがお過ごし…
05/02 00:27
十勝【花畑牧場】の生…
04/26 11:01
広島県廿日市市の少年…
04/25 16:46
最近のコメント
junさん、どうも~…
管理人 西本 圭介 05/11 19:59
うちのムスメも、スク…
くぢら 05/11 15:56
昔、取材でハーレーに…
jun 05/10 21:54
こちらこそ、ありがと…
管理人 西本 圭介 05/10 16:39
今日は。今日はあ…
ハルチャン 05/10 15:01
西本様、さっそくの回…
ケンニ 05/10 14:05
コメントありがとうご…
管理人 西本 圭介 05/10 12:40
はじめまして。08の…
ケンニ 05/10 11:41
ゆうぴいさん、久しぶ…
管理人 西本 圭介 05/09 10:13
harugariaさ…
管理人 西本 圭介 05/09 10:09
最近のトラックバック
うえのの「あなごめし…
10/16 19:18
超ガソリン高値時代の…
07/01 12:45

ハーレー購入を悩んでいる人へ

日々、ハーレーをはじめて乗りたいと考えられているお客様に接し、様々な相談に乗らせてもらっている、相談の多くは「モデルを決めかねている。ハーレーは欲しいが中古車や旧車を含めて悩んでいる」「経済的な部分で決定しかねている」「誰かに反対されている」というのがほとんどだと感じる。
最近は僕のブログを見て来店頂いただく方も凄く増えているので、ここで事前に自分のハーレー購入に対してのアドバイスを書こうと思う。

まず何かを買うべきか迷っているという方に対してのアドバイスだが、圧倒的に予習無く来店されている方が多いので、やはり雑誌などで多少は勉強してくるのが良いと思う。もちろん僕はセールスのプロなので、ゼロの知識の人にも丁重に説明はしているが、耳で聞いた情報というのは次の日には半分も残らないらしいので、モデル構成や価格帯、ライターのインプレッションからの予備知識はつけておいたほうが良いでしょう。

これはミュージシャン的な視点だと、ベースを習いに来た生徒さんが好きなアーティストも好きなジャンルも無いけど、とりあえずベースを上手くなりたいので、何かアドバイスして欲しいと言われても教えにくいのと似ている。
ハーレーといっても排気量も違えば、年式によってスペックも違うし、楽器的にいうとフェンダーの高級ヴィンテージから最新の安価版モデルも含めて広すぎるフィールドで悩むのと一緒だと思う。

ハーレーに対して知識の少ない方はどういうライフスタイルの中で乗りたいのか、どんな形のハーレーに乗りたいかというくらいは絞り込んでくるとモデルの選択は楽になる。
まったく初心者の場合は、新車のハーレーをお勧めする。というのもハーレーのオーナーの多くは意外と走らない人が多い。だから走ることに注力してもらうためにも、トラブルは少ないに越したことはないので、そういう観点で新車をお勧めする。もちろん中古車はすぐに壊れるという意味ではないが、ある程度の知識がないと中古車は高い買い物になる場合も多い。
後、オイル滲んだり、ブレーキが鳴くくらいで神経過敏になる人はハーレーはお勧めしないし、まして旧車など論外。スクーターに乗ることをお勧めする。多少のことは笑って済ませられる太っ腹でないと、ハーレーは似合わないし、付き合っていけない乗り物だから。


次に経済的な問題という部分だが、ショールームに来られる方でまったくもって買うのが無理だという人はあまりいない。なぜなら、お金が無いといいながらタバコをすっている人。タバコやめてローンを組めばスポーツスタークラスなら余裕で買えます。
またほとんどの人が携帯電話を持っているが、使用料が1万円近い人も少なくないと思う。携帯を使う習慣をやめれば月5,000円くらいは捻出できるのではないかな。毎日、コンビニで弁当を買う人もたいていは500円以上を使っていると思う。これを弁当にすれば月にいくら浮くか!
僕が見て決定的にお金の問題で買えないというのは、ディーラーの扉をくぐる人でほぼいないと思う。
買えないのではなくて、買う努力をしていないというのが正しいと思う。
僕は欲しいものがあれば、どうやって稼げば買える身分になるか考えるようにしている。例えば、僕が本当にフェラーリのオーナーになりたいと思ったならば、迷わずそれ相当稼げるような仕事を起業するか転職して努力するだろう。
まあハーレーの一番高いモデルでも300万だから今の時代150回で3.9%のローンを使えば買うのが不可能ということはまず無く、買うために、何を我慢するかとか、どう金策するかだと思う。
そこまでしてハーレーが欲しいと思わなければ、別に乗らないと困るような物ではないので、別に買う必要はないと思う。
欲しいなら買うしかない! 金は何とかするっていうモチベーションとストレートな考え方しかないと思う。

後、「奥さんが反対している」とか、「親が反対している」という理由もあるが、それも自分の価値観では言い訳だと思う。
本当に欲しければ、それを説得すればよいだけのこと。
またそれを欲しいという自分を含めての人間性を理解してもらわなければ、本当にしたいことを我慢してまで生活をともにする必要があるのか......。
趣味も何も無い僧侶のような生活をして何が楽しいか!? 何のために働き生きているのか。
ハーレーの趣味なんて、ギャンブルと比べれば健全そのもので、健康的で最高ではないかな。

結局は本当に欲しければ、誰かのせいにして買わないということはないので、何かの理由をつけて買うのずーと躊躇している人って実はあまりハーレーが欲しくないんだなって思ってしまう。

とはいってもハーレーを買うというのは趣味以外の何ものでもないわけだから、相当な決心はいるだろうと思うよ。
でも誤解を恐れずいうならば、ハーレーは欲しければ多少の無茶やってでも買うくらいのパワーのある人に乗ってもらいたい。

ミュージシャンのときに教えていた学生達にも常に何かを理由にして努力しない、練習しないのが一杯いた。
そういう学生を見ていると「結局はプロミージシャンになりたくないんだろ」って思った。
何かを手に入れたり、それを手に入れられる経済力や人格になるには、努力が必要だと思う。
ミュージシャンにもなることと、ハーレー買うことは違う領域のことだけど、ある意味で同じこと。
プロになれる人となれない人。ハーレーダビッドソンを買える人と買えない人。

それは外的要因ではなく、すべて自分の中にあることだと思う。

僕は単にハーレーを売る仕事ではなく、ハーレーを買いたい人の背中をちょっと押す役割や、買うモチベーションをあげてもらうようなアドバイスや、買った後の楽しみを伝えることや、そういうことをやっていきたい。

ミュージシャンの時と同じく、ハーレーを売っているのではなく「夢」を売る仕事だと思っている。
でも夢を夢で終わらせず、現実化するのはお客さん自身。

この仕事をして夢を現実にしてくれたお客さんとの出会いが本当に楽しいし、お客さんが喜ぶのを見るのが何よりも楽しい。

今は景気もよく無いし、ガソリンも高いし、モータースポーツを趣味にするという雰囲気ではない時期かもしれんけど、逆にみんなが尻込みすればするほど、景気は悪くなると思う。こういう世の中だからこそ、みんなが趣味に投資したりする余裕が必要かも知れない。

そんなところで、店頭出会うことがありましたら、宜しくお願いしますね。
日記 | 投稿者 ルートウエスト 13:09 | コメント(2)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
はじめまして、古い記事へのコメントですいません。

最近憧れのハーレー乗りになったばかりの者ですが、この記事を見てあまりにも衝撃を受けたというか・・・感動と叱咤激励を同時に頂いたようなそんな感じでコメントせずにいられませんでした。

実は私も若い頃(10代です!)本気でプロドラマーになりたくてなりたくて、というよりずっとドラムで生きていられれば・・・そんな風に考えて自分なりにキチガイ(笑)やってましたが、今考えると努力が足りない若者だったのかな・・・だから駄目だったのかな・・・っていろいろ思い出してしまいました。

ま、僕の話はたいしたこと無い、というかどーでもいいのですが(笑)自分の努力不足を棚に上げて「いい出会いが無かった」「家庭の事情でチャンスがつぶれた」なんて自分に自分で言い訳してたんでしょうね。

そして今では3歳になったばかりの長男と0才6ヶ月の双子のパパなのですが・・・ハーレー乗りになってしまいました。

たぶん周りから見れば「親としての自覚があるのか?」「無謀」なんて思われてしまうのでしょうが、今現在後悔は全く無いし本当に良かったと思っています。そしてなによりも、煮え切らなかったあの頃の自分にリベンジというか、タイムマシンに乗って昔の自分の尻を引っぱたいてやりたい!ぐらいパワーがあります。

もちろん毎日仕事から帰っても休みの日も育児に励み(当たり前ですけどね・・・でもやっぱり慣れない乳児の育児は男にとって疲れる仕事ですね)3才の息子もさっそく883Rのケツに跨がせて保育園に通っています。

まとまりませんが、僕もいろんな人に背中を押してもらいハーレーに乗ることができました。おかげで今ここにオレらしいオレがいます。すばらしいお仕事だと思います。

いつかどこかでお会いできるよう楽しみにしております。
投稿者 harugaria 2009/05/09 00:53
harugariaさん、熱いメッセージをありがとうございます。
ハーレーダビッドソンを通してこういう出会いがあることが本当に喜びです。

自分の文章を久しぶりに読み返してみて、乱暴な文章だなって感じつつも、こういう思いでこれからもお客様の背中を押していこうと思っています。
また音楽からは身を引きましたが、これからも若いミュージシャンの卵のよきアドバイスが出来るようにしていきたいと思います。

今後ともよろしくお願いします。
投稿者 管理人 西本 圭介 2009/05/09 10:09
<<  2008年 11月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
ホビダス[趣味の総合サイト]