広島のハーレーダビッドソン Fan BLOG プロミュージシャン活動停止しハーレー業界へ転身する管理人のBlog

最近の記事
ブログを引っ越ししま…
03/12 18:34
寿音-JUON Li…
07/28 18:47
こちらを見ていただい…
03/07 12:24
ブログを引越しいたし…
05/13 11:53
ウルトラはタンデムに…
05/10 11:43
ブラジリアンパーク …
05/08 15:10
出雲ツーリング
05/06 21:27
連休をいかがお過ごし…
05/02 00:27
十勝【花畑牧場】の生…
04/26 11:01
広島県廿日市市の少年…
04/25 16:46
最近のコメント
junさん、どうも~…
管理人 西本 圭介 05/11 19:59
うちのムスメも、スク…
くぢら 05/11 15:56
昔、取材でハーレーに…
jun 05/10 21:54
こちらこそ、ありがと…
管理人 西本 圭介 05/10 16:39
今日は。今日はあ…
ハルチャン 05/10 15:01
西本様、さっそくの回…
ケンニ 05/10 14:05
コメントありがとうご…
管理人 西本 圭介 05/10 12:40
はじめまして。08の…
ケンニ 05/10 11:41
ゆうぴいさん、久しぶ…
管理人 西本 圭介 05/09 10:13
harugariaさ…
管理人 西本 圭介 05/09 10:09
最近のトラックバック
うえのの「あなごめし…
10/16 19:18
超ガソリン高値時代の…
07/01 12:45

ベーシスト「Spotlight」有賀 佑介さん

今回は広島のレッスン生であるベーシスト有賀 佑介さんを紹介します。

Spotlight

有賀 佑介さん


はじめまして、有賀佑介(あるが ゆうすけ)というものです。
西本さんにベースを教わりながら、日々ベースの練習に励んでいます。

ぼくは、小学6年の頃からギターを弾き始めました。
父が持ってるたくさんの洋楽のCDを聴き始めたのがきっかけです。
音楽って素晴らしいな、と思いました。
 
ベースを弾き始めたのは、中学1年の頃からです。
RED HOT CHILI PEPPERSのFLEAのベースに魅力されたのがきっかけでした。
それからは、ベースという楽器に一目惚れでやってまいりました。
安心感のある低音、幅広い表現力、人の声に近いニュアンスと、最高の楽器だと思ってます。
これからも一生、ベースを手放すことはないでしょう。
そして、僕の一番の憧れのベーシストはJaco Pastorius(ジャコ・パストリアス)です。彼のようなベーシスト・音楽家になれたらいいな、と思っております。

僕はまだまだ未熟です。
まだまだ西本さんのようには弾けないし、自分の個性もまだまだです。
でも、出来る限りは音楽を続けていきたいし、いいベーシストになりたいと思ってます。
そして、あくまでゴールは‘心に伝わる音楽‘をする事だと思っています。
聴いてる人の心に伝わるような素晴らしい音楽を演奏出来るようになりたいです。

西本さんにはいろいろとお世話になっています。
ぼくはまだまだ未熟ですが、より良いベーシストになりたいと思っているのでこれからもよろしくお願いします。
そしてみなさんの心に届くような音楽をしていきたいと思っているので、応援よろしくお願いします。
これからも頑張ります!!



西本 圭介より
今広島のベースレッスンでは約10名のベーシストを教えていますが、その中でも最年少(かな??)が彼なんです。
今まで数多くのベーシストを育成してきましたが、その中でもトップレベルの資質を持った若者だと思います。
ただ資質があるということは、逆に伸び悩むことも多々あります。これからは特に自分の苦手なことに集中してベースを極めていくことをお願いしたいし、僕もそこ中心にレッスンを続けていこうと思います。
数年後にベース界で有賀あり!! と言われるように僕自身も気合を入れて育成していく所存です!!
ベーシスト紹介 | 投稿者 ルートウエスト 17:52 | コメント(2)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
西本さん、掲載ありがとうございます!!

紹介していただきました、有賀佑介という者です。

どうしても自分のやりたいことばかりをやってしまいがちなので(汗)、苦手な部分を克服することに力を入れていきたいと思います。
西本さんの期待にこたえられるように、これからも頑張ります!!
投稿者 有賀 佑介 2009/03/05 21:13
コメントありがとう。
これまでに数々のプロベーシストを育成してきましたが、プロになった多くが才能があったというよりも努力をした人という印象があります。
例えば、[絶対音感があります。]と自信を持っている若者の多くが、実際には演奏力で出遅れるケースもあります。
僕自身もテクニックは元々すぐに習得できるタイプだったので、逆に腰をすえて勉強をするのが苦手でした。
22才で初めて理論を勉強し、その後ベースのスタイルを勉強を留学して始めたのですが、もっと早い時期に謙虚になって勉強をスタートしておけばよかったと後悔はしています。
ミュージシャンにとって、自信を持つことは非常に重要ですが、時としてその自信が自分に対しての甘さを作る原因になります。
ですから、自分は才能も資質も無いと思っておくくらいが丁度良いといえます。特にプロになる場合は常に自分に対して満足しないという理想の高さも必要でしょう。
好きなことはいつでも出来るし、嫌でもほっておくと好きなことだけをしてしまうものです。若いうちは望んで好きでないことや苦手なことをやる位で丁度良いと思いますね。

ぜひ頑張ってください。
投稿者 管理人 西本 圭介 2009/03/07 10:10
<<  2009年 3月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
ホビダス[趣味の総合サイト]