広島のハーレーダビッドソン Fan BLOG プロミュージシャン活動停止しハーレー業界へ転身する管理人のBlog

最近の記事
ブログを引っ越ししま…
03/12 18:34
寿音-JUON Li…
07/28 18:47
こちらを見ていただい…
03/07 12:24
ブログを引越しいたし…
05/13 11:53
ウルトラはタンデムに…
05/10 11:43
ブラジリアンパーク …
05/08 15:10
出雲ツーリング
05/06 21:27
連休をいかがお過ごし…
05/02 00:27
十勝【花畑牧場】の生…
04/26 11:01
広島県廿日市市の少年…
04/25 16:46
最近のコメント
junさん、どうも~…
管理人 西本 圭介 05/11 19:59
うちのムスメも、スク…
くぢら 05/11 15:56
昔、取材でハーレーに…
jun 05/10 21:54
こちらこそ、ありがと…
管理人 西本 圭介 05/10 16:39
今日は。今日はあ…
ハルチャン 05/10 15:01
西本様、さっそくの回…
ケンニ 05/10 14:05
コメントありがとうご…
管理人 西本 圭介 05/10 12:40
はじめまして。08の…
ケンニ 05/10 11:41
ゆうぴいさん、久しぶ…
管理人 西本 圭介 05/09 10:13
harugariaさ…
管理人 西本 圭介 05/09 10:09
最近のトラックバック
うえのの「あなごめし…
10/16 19:18
超ガソリン高値時代の…
07/01 12:45

2003 benavente Keisuke Model

http://www.benaventeguitars.com/

僕がメインで使用している愛器は2003年8月後半に完成したbenaventeguitars社製の5弦ベースです。特徴はご覧の通りシングルカッタウェイのボディです。12フレットでボディと結合しており、5弦の張力に負けないしっかりとしたネックになっています。またネックは33インチで通常のベースより1インチ短くなっています。ネックが短いので運指がとても楽です。ネックが短いということで音が悪くなりそうですが、実際はほとんど感じられません。使用している材はボディのバックがホンジャラス・マホガニー、トップとピックアップカバー、フィンガーランプ(指置き)がバックアイバールという高価で希少な材を使っています。ネックはメイプルで指板はマッカーサーエボニーです。

ベナベンテ・ベースについての続きを読む
ベース機材 | 投稿者 ルートウエスト 18:59 | コメント(0)| トラックバック(0)

Fender ミニ “ギター” ベース 降臨


僕の新しいベース・ウエポンを紹介しよう。これはフェンダー・ジャパンさんの“ミニ・プレシジョン・ベース”だ。友人のM氏から提供頂いたのだが、元来ベースをオブジェにするのは好きではないので、何とか使えるように考えたわけだ。


続きはこちら
ベース機材 | 投稿者 ルートウエスト 18:56 | コメント(0)| トラックバック(0)

ヘッドレス・ベース フレットレス 改造


マイブーム(死語)のスタインバーガーのコピー物ヘッドレスベースの改造だ!!

15年前くらいにブームに乗って買ってしまった人。タンスの肥やしになっていたら、復活させましょう。

改造の方法を見る!!! クリック
ベース機材 | 投稿者 ルートウエスト 16:54 | コメント(0)| トラックバック(0)

フィンガーランプの製作

今回は僕のベースギターの必需品である「フィンガーランプ」の制作方法を紹介したいと思います。

まずフィンガーランプについてですが、下の写真をご覧ください。


このようにピックアップの位置に弦から約2mmくらいの距離に板(ランプ)を装着します。何が変わるのかというと、まずこのランプは指置きにもなりますので、ベースを持ち替えた際に指を置く場所が変わってしまうことを改善できます。またピッキングが不必要に深く入らない為に、非常に運指が楽になります。海外のベースプレイヤーから火がついたパーツですが、ゲイリー・ウィリスという方が元祖的存在です。
他にはマシュー・ギャリソン氏、リチャード・ボナ氏をはじめとしたトップベーシストが愛用していることで、最近は日本国内でも人気が出てきました。
まだハイエンドベース用という間違った認識もありますので、ここでは色々なベースへの装着例と製作方法を紹介します。


続きを読む!!
ベース機材 | 投稿者 ルートウエスト 16:42 | コメント(3)| トラックバック(0)

西本 圭介 使用ベース 紹介


1976 Fender Mustang Bass
1995年頃、大阪の中古屋で6万で購入。
改造費 推定10万 改造箇所クローズタイプペグに交換 牛骨ナットに交換 ダンロップジャンボフレットに打ち変えピックガード交換 オリジナルピックアップ除去リプレイスメントピックアップに交換 F バルトリーニPタイプ R バルトリーニミュージックマンタイプケーラー社トレモロアーム付ブリッジをザグリを入れて交換 ボディ裏にザグリを入れボサベース社の特注回路に交換 2バッテリー式 エボニー製フィンガーランプをフロントに取り付け 3フレットからスキャロップ加工。アームを搭載していることから、よりギター的な演奏を可能にしている。

他のベースも紹介しているぞ。クリック!!
ベース機材 | 投稿者 ルートウエスト 17:19 | コメント(2)| トラックバック(0)

Washburn Bantam ダブルネック 


80年代に登場した「Washburn Bantam Series 」のダブルネック・バージョンです。
参考ホームページ

さて、このベースを使えるようにメンテ&改造することにします。


まず一回全バラにして清掃し、不必要な穴は埋めてしまいます。

これは前オーナーが取り付けたフィンガーレストのネジ穴跡。爪楊枝をエポキシ系のボンドで固めて埋め込みます。固まったら奇麗に表面処理して黒ペイントをタッチアップで終了。
簡単な補修はポスカのようなペンでOK。


フレットもサビサビだったので、サンドペーパーで根気よく錆びを落とし、フレットの凹みも修正していきます。


続きはこちら
ベース機材 | 投稿者 ルートウエスト 18:40 | コメント(0)| トラックバック(0)
<<  2011年 3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ホビダス[趣味の総合サイト]