広島のハーレーダビッドソン Fan BLOG プロミュージシャン活動停止しハーレー業界へ転身する管理人のBlog

最近の記事
ブログを引っ越ししま…
03/12 18:34
寿音-JUON Li…
07/28 18:47
こちらを見ていただい…
03/07 12:24
ブログを引越しいたし…
05/13 11:53
ウルトラはタンデムに…
05/10 11:43
ブラジリアンパーク …
05/08 15:10
出雲ツーリング
05/06 21:27
連休をいかがお過ごし…
05/02 00:27
十勝【花畑牧場】の生…
04/26 11:01
広島県廿日市市の少年…
04/25 16:46
最近のコメント
junさん、どうも~…
管理人 西本 圭介 05/11 19:59
うちのムスメも、スク…
くぢら 05/11 15:56
昔、取材でハーレーに…
jun 05/10 21:54
こちらこそ、ありがと…
管理人 西本 圭介 05/10 16:39
今日は。今日はあ…
ハルチャン 05/10 15:01
西本様、さっそくの回…
ケンニ 05/10 14:05
コメントありがとうご…
管理人 西本 圭介 05/10 12:40
はじめまして。08の…
ケンニ 05/10 11:41
ゆうぴいさん、久しぶ…
管理人 西本 圭介 05/09 10:13
harugariaさ…
管理人 西本 圭介 05/09 10:09
最近のトラックバック
うえのの「あなごめし…
10/16 19:18
超ガソリン高値時代の…
07/01 12:45

ハーレー専用ETCセット

今日は今話題の「ハーレー専用ETCセット」についてです。

助成金がスタートし「平成21年3月12日からの累計助成台数が5万台に達するまで 」という条件で15,750円割引が受けられることもあり、当店でも一時パニックのような状態になりました。

最近は多少落ち着きはしたものの、問い合わせは後を絶ちません。現状ではここ最近で予約された方でも入荷は6~7月になるかもしれない。という状況です。それくらい車載器が不足している状態なんですよ:-)

今売れ筋はアンテナ一体型というヤツなんですが、これは別体式の約3~4倍の受注でして、デビュー当時の人気から一転して人気機種になっております。ハーレーでは助成金を引くと取り付け工賃込み(指定場所への取り付けに限り)で約16000円ですから、かなり安いので人気も頷けます。

僕自身が付けているのは別体式ETC基本セットというハーレー純正バックが付いていないタイプです。

このようにツアラーならバックの中に収納出来るので凄く便利です。

バイク用は生活防水になっているので、雨でも大丈夫です。


ツアラーのバックに内蔵する場合は配線の逃げを作るために一部ケースを削る必要があります。


バイク用は車用と違って音声でお知らせをしてくれないので、インジケータで状態の確認をします。そのインジケータは見やすい部分に付けています。


肝心のアンテナはフェアリングの内部に付けています。
だから外観上は全く分かりません。

バイクにETCなんて!! という人もいるでしょうが高速道路1000円の魅力は凄いですね(^_^)v

今年はもっと走らないと......(^^;)
ハーレー・カスタム | 投稿者 ルートウエスト 17:58 | コメント(2)| トラックバック(0)

ハイウェイペグの取り付け


今回はこのエンジンガードに「ハイウェイペグ」を取り付けてみる。
純正品も社外品も結構な値段がすると思っていたが、純正でも手頃な価格の物があるとわかり買ってみた。


今風のハイテックな感じではないけど、昔ながらのクランプ方法で僕の年式には逆に合うかなと感じました。
取り付けは非常に簡単で車載工具で15分というところです。


装着後気づいたのですが、僕の短足の足ではちょっと遠いです(笑)

ただ四六時中、足を乗っけておくのでは無く、高速などで疲れてきてちょっと足を伸ばしたりしたりする時に使う予定なので、ま~いいかなと思います。

この商品を取り付けしていて感じたのですが、純正品は高いとよく言われますが、商品の質感をみると通販の安物とはちょっと違うと思いましたよ。
実は僕自身も今までネオ○○○リーさんなどで純正のコピー品のようなのを何度も買ったこともありますが、やっぱ純正品はメッキの厚みなど質感が高くてしっかりしているよって感じますね。

そんなに高くなくてしかも10年くらい経つと味が出てきそうなデザインで結構満足です。

3/1はツーリングがあるので、凄く楽しみです!!それでは。

ハーレー・カスタム | 投稿者 ルートウエスト 22:41 | コメント(0)| トラックバック(0)

ハーレーFLHTCUのウインドシールドの見直し

広島は最高の天気です。バイク乗りにとって最高のシーズンになってきましたね!
お陰様で巷でいわれるほどの不況を仕事では感じなくて良いので、ありがたい話しです。
バレンタインもたくさんの義理チョコを頂き、それもありがたい話です。
残念ながら「惚れてまうやろ~( ≧∇≦)ノ」というようなドラマも無く、一日が終わってしまいました。
僕からのハーレーという贈り物が出来たお客様と2人も出会えたことが僕にとっての最高のバレンタインでしたね。

さてさて、今日はカスタムの話題をします。
先日ウインドシールドをショートカットしたのですが、数日乗った結果やっぱ自分は駄目だと感じました。

現行のFLHXなどはこのくらいの高さなので、実際はメーカーも大丈夫だという認識で出しているのでOKな人も多いのでしょうが、僕はショートスクリーンを越えてやってくる風が我慢できなかったですね~。
これまで、チョッパータイプに乗っていたので、風防が無いことは全然Okなのだけど、フェアリングがついたモデルというのは元々体に殆ど風があたらないので、ショートスクリーンにすると、風の流れがヘルメット頭に辺り、小刻みに振動が発生して風が当たっているというよりも、ヘルメットを揺すられているような不快な感じなのです。
http://rootwest.blog.hobidas.com/archives/article/18725.html
多分、背が大きくて座高が高い人だと、風が当たる場所も変わるので、不快にはならないと思うけど、僕の背格好ではキツかったね。


そこでディーラー勤めというポイントを生かして、すぐに新品を注文!!
こういうときにディーラーにいると助かるんだな~。

早速取り付けて走ってみると、やっぱこれが最高です。
ルックスなんでどうでも良いくらいに快適。

グラスなんて掛けなくて裸眼で乗れるくらいに風をシャットアウト。
特に高速走行ではフェアリングとウインドシールドの恩恵は大きいですね。

アメリカのホンマモンのバイカーの人達がこぞってフェアリングやウインドシールドをつけているのは、やっぱタフな走りをする必然なんだねって感じたよ。

チョッパー好きな僕にとって愛車は対極にあるモデルなんだけど、今後も快適性というのを追及していこうと思います。

逆にもっとラフでタフなバイクも欲しいな~って思う今日この頃です。


それでは!!

ハーレー・カスタム | 投稿者 ルートウエスト 11:13 | コメント(0)| トラックバック(0)

Mikuni HSR42 用 クローズコントロール 取り付け

ベースはネタは反応が薄いので、ハーレーネタでどうだ~!!
そういえば最近ベースマガジンは発売しているのですか? 毎月立ち読みしているのですが、今月は一回も店頭で見かけなかったぞ....。

気を取り直して、今回はMikuni HSR42でクルーズコントロールを使うための部品の取り付けレポートです。
インジェクションで電子スロットルの人には全く興味の無い話題です。
ディーラーに勤めているのに、全く役に立たない話題ですいませんです(^^;)


品番〔3042-0004 Mikuni SE Cruise Control Adapter〕
約1.5ヶ月ほど待ちました(-_-) ハーレー純正部品など在庫あれば2日で到着する時代なので恐ろしく待たされた気分です。それでもかなり嬉しいので早速取り付けしてみました。

まずはキャブレターを外します。僕のは小さなエアクリーナーなので取り外しは簡単です。


取り外し時は傷が付きやすいので養生テープとかでマスキングしてください。


もともとはこのようなパーツになっている部分をキットと置き換えます。
詳しい交換方法はこちらで割愛しますが、正直英語マニュアルが不親切で構造を把握するのにかなり時間が掛かりました。またアメリカ製らしくポン付けは出来ないので、色々と工夫がいります。


色々と加工が必要だったけど、なんとかつきました。


こんなパーツが2万円ちかくするのですから涙でそうです(T_T)


次にポン付けはもちろん(笑)出来ないので、ヘッドのフィンをリューターで削ります。


ワイアーを止めているボルトがフィンとぶつかるので、色々とアイデアを考えたけど、フィンを削れというマニュアルに従って削りましたよ(涙)
僕はエアリューターを使いましたが、そういうツールが無いとここを削るのは相当キツイです。


削った部分は純正の耐熱の縮み塗料を塗ったので、パっと見は全く分からなくはなっています。

こんな感じで綺麗に収まりました!

試走した結果はもちろん問題なく作動しています。よかった~。

HSR42のユーザーさんはご存じのとおり、HSR42ってスロットルが恐ろしく重いのですよ。
だから長距離でアクセルを捻りっぱなしは相当拷問です。
だからクルーズコントロールを使えるようになったのは凄く嬉しいことです。

3/1には僕がリーダーを努めてハーレーダビッドソンバルコム広島のツーリングを企画しています。
そのときに威力を発揮するので楽しみです。

非常にマニアックな話題で失礼しましたm(_ _)m
ハーレー・カスタム | 投稿者 ルートウエスト 21:52 | コメント(4)| トラックバック(0)

ウインドシールドのカット加工

今日はウインドシールドの話をしようとおもう。

この純正のウインドシールドなんだけど、かなりキズが目立つようになったので、視界が凄く悪くなってきたんだ。

そこで、ネットで入手したブラックの不透明なショート・ウインドシールドに交換してみた。

このシールドは随分前に買って一日だけ付けてみたけど、不透明な素材だから視認性が悪くて外していた。
今回、付けてみて印象が変わるかと思ったら、やっぱ視認性が悪い(苦笑)

そこで、駄目もとで元々のウインドシールドを切って見ることに。


大きさは黒いのを型紙代わりにして、もう少し小さくカットしてみることにした。
カットはプラスチック用のカッターがあるので、それを使った。

カットは15分もあれば出来るし、切った後はサンドペーパーで綺麗に擦っておけば、純正のように綺麗になるんだ。


切ったらこんな感じ。
黒と同じ高さにすると純正っぽくなるので、わざと不自然なくらいに短くしてみました!


なかなか良い感じでは無いでしょうか(^_^)v

試乗した結果はう~ん。微妙ですね。
今まで凄まじく風を除けていたのが全く防風効果が無くなったので、かなりヘルメットに乱気流が当たって振動を感じてしまうね。長距離は結構キツイかもしれん。

ルックスを取ると、機能性は失われる.....。
また純正シールド買おうかな...(^^;)

そんな今日この頃です。それでは。
ハーレー・カスタム | 投稿者 ルートウエスト 20:30 | コメント(0)| トラックバック(0)

Mikuni HSR42 用 クローズコントロール 3042-0004 Mikuni SE Cruise Control Adapter

こんにちは。
昨日Mikuni HSR42のインプレッションを書いたが、やはりクローズコントロールのアダプターは市販のものを使おうと思う。
常に稼動する部分に自作で改造を加えるのは、リスキーだと考えたから。

今検討しているというか、世の中にはこの一個しか選択肢はないのだが、Rivera Primo社の〔3042-0004 Mikuni SE Cruise Control Adapter〕を注文してみた。
ネットでは到着に数ヶ月掛かったと事例もあるようなので、気長に待つとしよう。
このハイライトしている部分の部品でこのワイアーがクルーズコントロールの機械が引っ張るんだ。


ちなみにRivera Primoのカタログでは思いっきり写真が間違っていて、S&S用のアダプターの写真になっている。
逆にS&S用のクローズコントロールの写真がHSR42というややこしいことになっているんだ(笑)

品番は3042-0004で間違いないと思うよ。

ということで、インプレはかなり先になりそうですが、また報告します。




ハーレー・カスタム | 投稿者 ルートウエスト 13:50 | コメント(0)| トラックバック(0)

Mikuni HSR42 キャブ エンジン始動

HSR42の取り付けも終わり、一瞬の晴天をねらって試乗に出かけた。
今回は走行シーンは撮影していないが、始動シーンを公開したのでどうぞ(^_^)v

まずキャブを変えて感じたのは、始動性の良さなんだ。
CVの時のようにクシャミが少なく、いきなり元気な感じが良い。
映像の最後でアイドリングのスクリューを調整している姿が見れると思いますが、かなりアイドリングも下がるのだけど、力強さはCVの非では無いね。
エンジンの音が力強いし、僕のマフラーは車検対応なのにこの迫力だからね。

そして、試乗に出たのですがCVとは全く違いますね。アクセルの開閉に凄くシビアについてきます。
逆に言うとCVよりも低速でゆっくり走るときにはシビアな印象もありますが、これは慣れでどうにでもなる程度の問題です。

後は良い!!!としかいいようがありません。加速も良いし、低速でのパンチもあるし。高速も今までの感覚+10kmで速くなっている。
これはマジで買って良かったと思った。

CVにお金を掛けて色々といじるより手軽で簡単。後は燃費とかを調べてみようと思う。

アメリカではHells Angelsの方達がこぞって愛用していると聞いているので、性能と燃費のバランス感はすでに良いっていうのは分かるんだけどね。

次はクルーズコントロールの事を考えようと思います。当初自作しようと思ったけど、この価格でこんな良いキャブ変えたのだから、別にケチらなくて安心なパーツを買おうとも考えている。
この冬場はクルーズコントロールを使うようなロングに出ること無いしね。

ということで、まずはHSR42は変えて良かった。ということで。

ハーレー・カスタム | 投稿者 ルートウエスト 20:20 | コメント(0)| トラックバック(0)

Mikuni HSR42 キャブ 続編

こんにちは。広島はあいにくの雨でせっかくの連休なのに走れないという辛い休日です(T_T)

さて、そんな日はカスタムをするしかないでしょう。
先日届いたHSR42を早速取り付けてみることにしました。
前回書いた、クルーズコントロール用のステーについては、今度にすることにします。まず走って調子を見てからでも良いかなと思います。


まず現状の純正CVを取り外します。念のために書きますが、CVも凄い良いキャブですよ。僕的には軽く調整した程度のCVのほうが調子がよいというか本来の姿らしいと思いますよ。


まずエンリッチナーを外します。これはHSRでも流用するので、壊さないように外してください。


キャブが見えたら、アクセルのワイアーを緩めてワイアーを外しやすくします。
もちろん作業する前にはキャブにあるガソリンは使い切って、コックもOFFにしてください。じゃないと外した途端にガソリンがドバ~って出てきますよ。


エンリッチナーのバネと先っぽのブラスのパーツは外してHSRのよく似たパーツと入れ替えます。


取り付けはCVを外したのと反対の行程なのでさほど難しくありません。
さすがハーレー専用に設計しているだけあって、加工も必要なくポン付けできますね(^_^)v


社外のエアクリーナーを付けて、ハイ完成!

キャブを外すのが全くの初心者の人は手こずる部分もあるでしょうが、それでも1時間もあれば交換は出来ると思います。車載工具で全てOkだしね。

肝心の試乗は雨なので出来ていないのですが、エンジンを掛けて見た感じはCvの時よりも力強い感じはします。
またアイドリングも早く安定するという感じもします。

早く試乗したいものです。
今日はこの辺で!!

***** PR *****
僕が働いているハーレーダビッドソンバルコム広島で決算のセールやっています。よろしくです!
http://www.balcom.jp/harley/

ハーレー・カスタム | 投稿者 ルートウエスト 12:11 | コメント(0)| トラックバック(0)

久しぶりにカスタムプロジェクト 〔Mikuni HSR42 キャブ〕

最近はウンチクの多いブログになっておりましたが、今日はカスタムについて書こうと思います。
僕の愛車の1993年式 FLHTCU ウルトラクラシックエレクトラグライドはもちろんキャブ仕様であり、今は純正のCVキャブをライトチューンしているんだ。
今のところ特に不具合は感じていないが、これまでの歴代の愛車にはS&Sショーティー、フルチューンCV、FCRといったキャブで楽しんできており、その違いというのを体感してきているので、手軽に遊ぶにはちょうど良いと思い、今回はハーレーの純正アフターパーツとしてもラインナップされていたMikuni HSR42を試してみようと思う。

今回このMikuni HSR42を試そうと思った動機の一つは某ネットショップでなんと送料込みで26000円で買えてしまったということ。円高還元か、またはキャブのハーレーが減ってきて売れていないのか、そんな理由でかなり安かったので買ってみることにしたんだ。自分の店で買えよ!と突っ込みをくらいそうだが、社員割引で買っても某ネットショップの安さには全然敵わないよ。


今回は紹介のみで実際の取り付けはまたインプレッションしようと思うのだが、今の問題としては、僕のウルトラにはアナログ式のクルーズコントロールがついているのだ。
これは機械的にワイヤーを引っ張ってキャブを制御する装置なのだが、クルーズコントロールが引っ張る第三のワイアー用のストッパーとひっばる止め具が必要なんだね。

実はこのパーツはRIVERA/PRIMOから品番3042-0004で発売しているのだが、1万5000円位しそうなパーツなんだね。
http://www.riveraengineering.com/3042-0004_a.pdf
キャブの半額も掛けてこの引っ張りパーツを買うのはさすがに厳しいので、ここは手作りしてみるかと考えている。

ここまで読んでいただいて、たぶんキャブ車でクルーズコントロールをつけている車両以外の方はまったく興味の無い話だと思いますが、日本中の数人はいるかも知れない同じ悩みの人のためにもちょっとがんばってみようと思います。

こうやってキャブのことを考えていて、つくづく最近のインジェクションはよいよな~って思いますね。

それでは、今後ちょっとずつレポートしていきます。お楽しみに!!
って楽しみにする人は少ないと思うけど.....(笑)


ハーレー・カスタム | 投稿者 ルートウエスト 12:44 | コメント(0)| トラックバック(0)

フェアリング マウント ミラー(91945-98B) 装着


今回はこのハンドルについている純正ミラーを外してフェアリング マウント ミラー(91945-98B)に変更することにした。
このフェアリング マウント ミラーは96年~'09年 FLHT, FLHTC ,FLHTCU モデル用なので、僕の93年式のFLHTCUには適合しないのだけど、無理矢理付けてみようと思う。


まずはフェアリングを取り外します。僕は外すのが2回目なので簡単に外せたけど、一回目はどこのボルトを外せば良いか全く分からず、試行錯誤しました。最終的には仕事柄、分解図をみることが出来るので、それで構造を確認して分解出来ました。

このスピーカーの横のプラスチック部分に穴を開けてミラーを固定させます。


適合年式用のテンプレートは付属しているので、位置決めは簡単に出来るのですが、僕の年式用のテンプレートが無いので、自分でテンプレートを作って左右を対称に穴開けします。


ドリルで簡単に穴は開きますが勇気がいりますね(^^;)


いきなりですが、完成です。ボルト一本で締めるだけなので簡単。
難しいのはフェアリングを外すことでしょう。


どうですか! かなり格好良いと思います(^_^)v
適合年式では無かったですが、別段取り付けが難しいことも無く装着の違和感も無いですよ。
ただし、走行するとミラーが振動して見えにくいです(T_T)
視認性では今までの方が格段によかったと思います。

このフェアリング マウント ミラーが96年以降に適合になっているのはインナーフェアリングの強度が上がっていたり、またはフェアリングのマウント方法が違っていることで、振動が伝わりにくいのかもしれません。

そういう理由であえて96年以前には適合しないことになっているのかもしれないです。

しかし以前のチョッパーも全然見えなかったし、まあ許容範囲だと思いますし、格好良くなったので、まずは良しとします(^_^)v

ちょっとずつですが、自分仕様になっていき愛着がわいてきますね。

それでは!!
ハーレー・カスタム | 投稿者 ルートウエスト 19:47 | コメント(0)| トラックバック(0)

これはお勧めボディクリーナー〔グラスターゾルオート〕

今日はバイク用のお勧めクリーナーを紹介したいと思います。
僕の勤めているハーレーダビッドソンバルコム広島で売っているわけではないし、店で使っているわけでもございません。
あくまでも僕個人として良いと思っているので、紹介致します。

〔グラスターゾルオート〕
ツヤの出るガラス、ボデークリーナー420ml 945円

今までハーレー純正品を含めて色々と使ってきましたが、今のところこれが一番お勧めですね。洗車後には撥水性の高いワックスも使っていますが、日々のケアーで本当に重宝しております。


まずスプレー式なので、ワックスのような面倒さがありません。


サッとクロスで吹き上げたら


ピッカピカです(^_^)v

これはガラス面にも使えるので、ウインドシールドにも使います。

使った感じとしては、耐久性云々はおいておいて、手軽に光らせるにはベストではないですかね。
ハーレーの純正品のスプレータイプでも凄く良いのがあるのですが、吹き上がりがこちらのほうが早いので、手軽という面では軍配があがります。

出かける前にヘルメットとシールドに一拭きして吹き上げると視界も良くなるし、カーショップでは700円くらいで売っているので、とにかくお手軽ですね。

はっきり言ってしまうと、臭いとかから想像するに単なる家庭用の窓用のクリーナーと変わらないような(笑)気がするのですが、とにかくお勧めです。

ぜひお試しのほどを!!

 
ハーレー・カスタム | 投稿者 ルートウエスト 19:40 | コメント(0)| トラックバック(0)

超お勧めのバーエンドミラー「B+M バーエンドミラー」 

最近は新しい仕事がハーレーダビッドソンの正規ディーラーになるために、バイクの保安上で問題ある部分をチョコチョコと直しております。

大分、ルックスよりはまとも!?になってきた愛車ですが、左側にバックミラーがないと友人から指摘されました(^_^;) これは盲点でした~。ハーレーダビッドソンでは片側ミラーが標準のようになっている感もあり、忘れていました。

そこで、色々と考えるわけですが、今は右側は僕の大好きな「ハーレーダビッドソン&マルボロマン」でミッキーロークの愛車についていたミラーのレプリカを装置しています。


さすがに、これを反対側にも付けるとちょっと違うような気がします。
そもそも、こういうのは片側だからかっこよいというものです。
しかしそうは言ってられないので、考えました。

思い切ってバーエンドミラーにしてみようと思いつきました。これなら明らかに異質なので、格好良いかはさておいて、目立つことは間違いないと。

しかしハーレー用で検索すると少しは出てきますが、一万円台後半くらいの値段がします。大抵はビレットで質感は高そうだけど、僕的には主張が強すぎてどうも違う気がします。

色々と調べていると気にもとめていなかった自転車用がもしや合うのではないかという気がしてきました。
装着の構造からも1インチのハンドルの内径でも行けそうだと確信が持てたので、注文してみました。価格は1800円です。安い!
しくじっても捨てられる金額(笑)

続きはこちら
ハーレー・カスタム | 投稿者 ルートウエスト 22:06 | コメント(0)| トラックバック(0)

スポーツスター ウインカー交換 他


今回はウインカーを交換することにした。というのも、このウインカーステーはショート丈でかっこ良いのだけど、幅が狭すぎて前方から視認性が悪いんだ。
車検にも対応出来ていなかったので、これは交換しないとね(;~o~)ノ


今回は気分転換も含めてスクエアなボディを選びました。またトリプルツリーのボトムに装着したので、ルックスもかなり変わりました。

続きはこちら
ハーレー・カスタム | 投稿者 ルートウエスト 19:54 | コメント(2)| トラックバック(0)

スポーツスター 純正ソロシートのアンコ抜き


現在のシートは純正のタンデム・シートを自分で大幅に整形し直したものです。

今回、家に転がっていた純正ソロシートもアンコ抜きして整形し直そうと思います。


これが純正のソロシートの表皮を剥がした中身のスポンジですね。
座り心地は良いですけど、小柄な僕にはデカ過ぎです。
そこで大まかにイメージをマーキングしてみます。


次にシートベースを二回りくらいは小さくカットします。カットはディスクグラインダー(ホームセンターで2000円くらいだよ)を使います。

続きはこちら
ハーレー・カスタム | 投稿者 ルートウエスト 21:37 | コメント(0)| トラックバック(0)

サイドマウント・ナンバーからイメチェンしてみました。

今春からハーレー関係の仕事を始めるので、少しずつイメージチェンジを図ろうと思います。
第一弾はサイドマウント・ナンバーを普通の位置に戻すこと。
サイドナンバーもルックス的には捨てがたいのですが、さすがに縦置きではね~(笑)

ブレーキランプは色々と悩んでビンテージスタイルに決定!
以前、ルックス重視で小型のものを着けていたら一回目は車検に通ったのに2回目は車検に通らずで、今回は微妙なサイズは止めて大きめをチョイス。

取り付けは自分でドリルでグイ~ンと穴空けしちゃいます。
これは超勇気いります(^_^;)
失敗すると塗装がバキバキっていくからね。

取り付けは上手くいきまして、フェンダーの裏の配線はタイヤとの接触で断線した経験があるので、しっかりとした硬いチューブの中に配線を通して、家に転がっていた水漏れ防止用防水テープを使ってしっかりとフェンダー裏に固定しました。
このテープは凄い粘着力あるし、テープ自体がアルミでしかもファイバーを編みこんでいるので多少タイヤが擦ったくらいなら断線はしないと思います。多分(^_^;:)

このカスタムを機に5cmローダウンキットも外して11.5インチのサスの状態に戻しました。だからちょっと腰高にはなりましたが、その分サスをフカフカ状態にして乗り心地はよくなったと思います。

ナンバー戻したらちょっと問題が....
ラインカーが後ろから殆ど見えん....(-_-;
続きを読む
ハーレー・カスタム | 投稿者 ルートウエスト 15:17 | コメント(0)| トラックバック(0)

Kuryakyn製 ISOウイング ミニボード



今回はフット・ペグの紹介です。これはKuryakyn製のISOウイング ミニボード(縦最大140mm、横最大140mm(取り付け部含み)、厚み30mm)といいます。

実はルックス的には好きではありません。何度か棒状の純正スタイルにも戻しましたが、今はこれに落ち着いています。

理由は幅が広いので、フォワコンよりも若干ミッドステップ寄りの位置につま先を置けるからです。
幅が広いので高速走行時に足をベタと置いておくのも楽チンということもあります。
好き嫌いのはっきりするスタイルですが、機能的には凄くお勧めです。

Apple Store(Japan)
ハーレー・カスタム | 投稿者 ルートウエスト 15:18 | コメント(2)| トラックバック(0)

アンティーク グラスノブ



寒くて出不精になっていますが、今日は久しぶりの気分転換をしようと思いジョッキーシフトのノブを「アンティーク グラス」に戻してみました。

これはチョッパーで定番のグラスノブですが、これは単なる家のドアノブです。Googleで「グラスノブ」とか「ガラスノブ」と検索してみてください。
たくさん出てきますよ。

チョッパー屋さんが売っているものと、基本は同じものです。
続きはこちら
ハーレー・カスタム | 投稿者 ルートウエスト 13:55 | コメント(2)| トラックバック(0)

ラメラメグリップ 装着

こんばんわ。広島も非常に寒く夏て参りました。来週に久しぶりのショップ主催のモミマツ(後半で紹介)がありまして、色々とメンテナンスしております。
愛車のスポーツスターは好調ですが、インターナルスロットルに改造しているゴムグリップを極短にしていたので、乗りにくいのなんの。

短いからハンドルのステンの部分を実際は半分握っているので、この季節は手に冷たさがチーンと伝わって参ります。
これでは来週のツーリングはヤバいです。温泉ツーリングらしく入浴後は手が凍るような気がしてきました(^-^;
そこでモミアゲスピード モーターサイクルズにいきまして待望のラメラメグリップに交換です。
続きはこちら
ハーレー・カスタム | 投稿者 ルートウエスト 18:49 | コメント(2)| トラックバック(0)

リア・ストラットバー のモミスピ・ワンオフ「ストラット・バード加工」

僕のスポーツスターの特徴と言えるリア・ストラットバーの加工を紹介します。この加工はすべてモミアゲスピードさんでやってもらいました。

まず純正のストラットですが、リアをローダウンするとどうしても後ろ下がりになります。そこで、フェンダーもショート化することにしてまるっきり違う形状に作り替える事を考えました。


もともと自分自身でサンダーを使って短くはカットしていましたが、今回は根元からざっくりいきます。


続きはこちら
ハーレー・カスタム | 投稿者 ルートウエスト 11:50 | コメント(0)| トラックバック(0)

ファイアーストーン Firestone 4.50-18

今回の車検を機にすり減っていたタイヤTT100からファイアーストーン Firestone 4.50-18に交換する事にしたんだ。


以前に比べるとハイトが高くなったので、フェンダーとのクリアランスはギリギリ状態。
これがかっこ良いのです。重たい女性を乗っけるような事も無く、タンデムは子供とだけなので底付きの心配はないでしょう。

続きはこちら
ハーレー・カスタム | 投稿者 ルートウエスト 19:11 | コメント(0)| トラックバック(0)

2年に一度の為にカスタム??ですよ。

我が国には面倒くさい制度があります。非常に建前だけのような制度なのですが、とはいっても通らないと困るので短期間だけカスタムし直すことにします。

まずステーを買って来て、端っこを折り曲げます。柔らかいので手曲げOK


若干、穴を広げたりして!


ウインカーを飛び出させました。


続きはこちら
ハーレー・カスタム | 投稿者 ルートウエスト 17:12 | コメント(2)| トラックバック(0)

100円ショップで買える! ジョッキーシフト・バー格安制作

今日はジョッキーシフトのバーをリニューアルすることにした。

というのも100円ショップのダイソーで素晴らしい物を見つけたからだ。
それはラック用のポール。もちろん100円なんだ。
今回はこの二本を使って作ってみることにした。
もちろん24cmの一本でも十分なんだけど、現在が丁度24cm位だったので、もう少し長くしたかったんだね。


これは純正のシフトペダルをカットしたもの。
サンダーで簡単にカットできるよ。

裏側はなんとくり抜かれていてポールと結合するのにうってつけなんだよね。
このレバーにはポールとのジョイント用に2つ穴をあけています。
続きを読む
ハーレー・カスタム | 投稿者 ルートウエスト 19:39 | コメント(0)| トラックバック(0)

ジョッキーシフト化【1998スポーツスター】

最近バーニングやストバイではジョッキーシフトの国産が多くなりましたね。
そういう記事も多く、それに伴って問い合わせが多くなっていますので、ここで改めて紹介しましょう。僕のバイクの全体像はここで見ら
れます。

現在はこのような位置にシフト棒を持ってきていて、所謂ジョッキーシフトではないです。
ジョッキーというのはお尻のあたりにシフトを持ってきて、シフト操作が馬のジョッキーが馬の尻をムチでパチパチと叩く姿を彷彿とさせるのでそう言われるようです。
僕のタイプはハンドシフトですね。



ジョッキーシフトの続きを読む
ハーレー・カスタム | 投稿者 ルートウエスト 18:00 | コメント(0)| トラックバック(0)

キャブレター遍歴 純正CVキャブレターへの道のり

キャブレター遍歴を紹介します。

まず純正CVからFull Tune CV 純正派に変更しました。変更には大変満足していましたが、ガソリンの吹き返しが酷くズボンがガス臭くなってしまうので、エアクリーナーを交換したりとショップと共に対処しましたが改善されずに疲れてしまいキャブ変更することにしました。たまたま僕のFull Tune CV 純正派の問題だったと思います。
続きを読む
ハーレー・カスタム | 投稿者 ルートウエスト 11:42 | コメント(0)| トラックバック(0)

シート ワンオフカスタム


シートのカスタムをダイジェストでお送りします。
上のエナメル地のものも自分で製作しましたが、リアフェンダーをショート化したことで若干間延びしました。また子供とタンデムするのに難があることから、シート製作を開始しました。
続きを読む
ハーレー・カスタム | 投稿者 ルートウエスト 10:52 | コメント(0)| トラックバック(0)

ハーレーダッビドソン専用セミオートクラッチ ProStart


僕のスポーツスターにはRekluse Sportster ProStart Clutchを取り付けています。
これは遠心クラッチで簡単に言うとホンダカブのように一速に入れたままで停車しても自動的にクラッチが切れて、そして回転数を上げるとクラッチが繋がって走り出すというシステムです。

続きを読む
ハーレー・カスタム | 投稿者 ルートウエスト 01:18 | コメント(0)| トラックバック(0)
<<  2011年 3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ホビダス[趣味の総合サイト]