広島のハーレーダビッドソン Fan BLOG プロミュージシャン活動停止しハーレー業界へ転身する管理人のBlog

最近の記事
ブログを引っ越ししま…
03/12 18:34
寿音-JUON Li…
07/28 18:47
こちらを見ていただい…
03/07 12:24
ブログを引越しいたし…
05/13 11:53
ウルトラはタンデムに…
05/10 11:43
ブラジリアンパーク …
05/08 15:10
出雲ツーリング
05/06 21:27
連休をいかがお過ごし…
05/02 00:27
十勝【花畑牧場】の生…
04/26 11:01
広島県廿日市市の少年…
04/25 16:46
最近のコメント
junさん、どうも~…
管理人 西本 圭介 05/11 19:59
うちのムスメも、スク…
くぢら 05/11 15:56
昔、取材でハーレーに…
jun 05/10 21:54
こちらこそ、ありがと…
管理人 西本 圭介 05/10 16:39
今日は。今日はあ…
ハルチャン 05/10 15:01
西本様、さっそくの回…
ケンニ 05/10 14:05
コメントありがとうご…
管理人 西本 圭介 05/10 12:40
はじめまして。08の…
ケンニ 05/10 11:41
ゆうぴいさん、久しぶ…
管理人 西本 圭介 05/09 10:13
harugariaさ…
管理人 西本 圭介 05/09 10:09
最近のトラックバック
うえのの「あなごめし…
10/16 19:18
超ガソリン高値時代の…
07/01 12:45

Mikuni HSR42 用 クローズコントロール 取り付け

ベースはネタは反応が薄いので、ハーレーネタでどうだ~!!
そういえば最近ベースマガジンは発売しているのですか? 毎月立ち読みしているのですが、今月は一回も店頭で見かけなかったぞ....。

気を取り直して、今回はMikuni HSR42でクルーズコントロールを使うための部品の取り付けレポートです。
インジェクションで電子スロットルの人には全く興味の無い話題です。
ディーラーに勤めているのに、全く役に立たない話題ですいませんです(^^;)


品番〔3042-0004 Mikuni SE Cruise Control Adapter〕
約1.5ヶ月ほど待ちました(-_-) ハーレー純正部品など在庫あれば2日で到着する時代なので恐ろしく待たされた気分です。それでもかなり嬉しいので早速取り付けしてみました。

まずはキャブレターを外します。僕のは小さなエアクリーナーなので取り外しは簡単です。


取り外し時は傷が付きやすいので養生テープとかでマスキングしてください。


もともとはこのようなパーツになっている部分をキットと置き換えます。
詳しい交換方法はこちらで割愛しますが、正直英語マニュアルが不親切で構造を把握するのにかなり時間が掛かりました。またアメリカ製らしくポン付けは出来ないので、色々と工夫がいります。


色々と加工が必要だったけど、なんとかつきました。


こんなパーツが2万円ちかくするのですから涙でそうです(T_T)


次にポン付けはもちろん(笑)出来ないので、ヘッドのフィンをリューターで削ります。


ワイアーを止めているボルトがフィンとぶつかるので、色々とアイデアを考えたけど、フィンを削れというマニュアルに従って削りましたよ(涙)
僕はエアリューターを使いましたが、そういうツールが無いとここを削るのは相当キツイです。


削った部分は純正の耐熱の縮み塗料を塗ったので、パっと見は全く分からなくはなっています。

こんな感じで綺麗に収まりました!

試走した結果はもちろん問題なく作動しています。よかった~。

HSR42のユーザーさんはご存じのとおり、HSR42ってスロットルが恐ろしく重いのですよ。
だから長距離でアクセルを捻りっぱなしは相当拷問です。
だからクルーズコントロールを使えるようになったのは凄く嬉しいことです。

3/1には僕がリーダーを努めてハーレーダビッドソンバルコム広島のツーリングを企画しています。
そのときに威力を発揮するので楽しみです。

非常にマニアックな話題で失礼しましたm(_ _)m
ハーレー・カスタム | 投稿者 ルートウエスト 21:52 | コメント(4) | トラックバック(0)

ヘッドレスべース用にフィンガーランプ製作

こんばんわ(^_^)
先日の続きでベース改造ネタでございます。
今回の題材はマニアの間で話題沸騰になりヤフオクで探している人が多いというダイアモンド・ブランドのスタインバーガー・コピーベースです。

僕的にはスタインバーガーのコピー品としてはこのダイアモンドが最高だと思っています。ウッディでオーガニックなサウンドは暖かくスラップやロックをガンガンやるには適していませんが、ピックアップも質が良いし、ブルースやポップスに使える音という感じです。
僕自身はフレットレスを全て売却してしまったので、このベースのフレットを抜いて唯一のフレットレスとして愛用しています。
http://rootwest.blog.hobidas.com/archives/article/30346.html


まず元々付けていたフィンガーランプを取り外し、ピックアップのエスカッションも取り払います。
そうです! エスカッション一体型のフィンガーランプなんですよ。


まずは友人のM氏が東急ハンズでカットして来てくれた切りっぱなしのエボニー材にピックアップ取り付けの穴を開けます。


次にカンナとサンダーを使って曲面を作っていきます。写真では一枚ですが、一番時間の掛かる作業です。


元々開けていたネジ穴に対して、少し大きいドリルで軽く穴を開けます。これによって↓のようにピックアップのボルトが飛び出さず綺麗に埋まります。

このようなちょっとした工夫でかなりスムーズで弾きやすいランプになります。


いきなりですが、ランプを両面テープで貼って完成です。


指板の色とマッチングもバッチグーで最高(^_^)v


フィンガーランプ歴17年のキャリアですので、セッティングも完璧です。


あまりに完璧でしかもサウンドも最高の音すぎて、現役に戻ろうかと一瞬思ったくらい(笑) あまりに弾きやすいので、ボディが軽すぎて動くのを止めるために、滑り止めのスポンジを貼り付けます。


お~マジで現役時代に作っていたら、さぞ移動が楽だったろうと思う出来です。
正直言って、このコンセプトでもっとエキゾチッウッドとかを贅沢に使った最先端のへッドレスを企画して数本作ろうかとも考えています。

多分、誰も興味ないと思うのですがね....(笑)
ということで、たまにはベースネタも出していきますので、お楽しみに!!

日記 | 投稿者 ルートウエスト 21:26 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<  2009年 2月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
ホビダス[趣味の総合サイト]