広島のハーレーダビッドソン Fan BLOG プロミュージシャン活動停止しハーレー業界へ転身する管理人のBlog

最近の記事
ブログを引っ越ししま…
03/12 18:34
寿音-JUON Li…
07/28 18:47
こちらを見ていただい…
03/07 12:24
ブログを引越しいたし…
05/13 11:53
ウルトラはタンデムに…
05/10 11:43
ブラジリアンパーク …
05/08 15:10
出雲ツーリング
05/06 21:27
連休をいかがお過ごし…
05/02 00:27
十勝【花畑牧場】の生…
04/26 11:01
広島県廿日市市の少年…
04/25 16:46
最近のコメント
junさん、どうも~…
管理人 西本 圭介 05/11 19:59
うちのムスメも、スク…
くぢら 05/11 15:56
昔、取材でハーレーに…
jun 05/10 21:54
こちらこそ、ありがと…
管理人 西本 圭介 05/10 16:39
今日は。今日はあ…
ハルチャン 05/10 15:01
西本様、さっそくの回…
ケンニ 05/10 14:05
コメントありがとうご…
管理人 西本 圭介 05/10 12:40
はじめまして。08の…
ケンニ 05/10 11:41
ゆうぴいさん、久しぶ…
管理人 西本 圭介 05/09 10:13
harugariaさ…
管理人 西本 圭介 05/09 10:09
最近のトラックバック
うえのの「あなごめし…
10/16 19:18
超ガソリン高値時代の…
07/01 12:45

ハーレー納車のプチ旅行に出かけました。

僕が一番楽しいのはお客様にハーレーを納車するとき。
お客様も待ちに待ったハーレーとの対面なので、前日からソワソワして寝られなかったりするのでしょうが、ハーレーを売っている僕も同じようにワクワクするのです。
僕がハーレーを組み立てているわけではないのだけど、アメリカのハーレーの工場で何人もの手で一台のハーレーになり、それを梱包する人、船に積み込む人、日本に到着して手続きをする人、店頭に並べて縁あって僕がお客様に販売し、メカニックが丁重に仕上げを行って納車します。
お客様の手に渡る最後の瞬間を僕達ハーレーのセールスマンに委ねられていると思うと、ワクワクするではないですか!
誰から買っても同じハーレーですが、僕との出会いを信じてくれたお客様には本当に感謝しなければなりません。

納車も様々で通常は店頭で納車式を行うものですが、今回は福山市と尾道市のお客様と縁があったので、納車へこちらから出向くことになりました。

朝早くから出発するので自宅のガレージで二台は一晩を過ごし出発することにしたのですが、子供達が「また新しいハーレーを持って帰ってきた!」って大喜び。
自宅の前に大きなトラックを止めて積み込みをしているものだから、近所の人からはいったい何をやっている仕事の家だと思われていることでしょう(笑)


僕はハーレーを売っていていつも思います。ハーレーを買う人って凄いなって。

この時期にハーレーを買う人って本当にハーレーの好きな人だと思う。
世の中は不況だとか言われているけど、僕はハーレーに乗る人は「そんなの関係ね~(死後??)」ってパッションのある人だと思う。
ハーレーは不況は関係ないし、むしろ“アンチ”な乗り物なのだから不況なんて糞食らえと逆に今だから乗ったろうっていう人が乗るものだと思うのです。
こういう考え方はハーレージャパンの間口を広くしようというのとは僕はちょっと考え方が違うかも知れないけど...。

ハーレーは決して大衆車になれるようなものではないし、僕的にはROCK!!でアンチな乗り物だと思う。

この景気でこの寒い季節にハーレーを乗り始める人って本当に熱い人達だと思います。
明日から12月ですが、今年後何人の方と出会いがあるでしょうか!?
最後のラストスパートがんばります。
日記 | 投稿者 ルートウエスト 15:42 | コメント(0)| トラックバック(0)

絵手紙ではないですが、ビーズ作品を紹介

うちの子供たちは絵を描いたり、刺繍をしたり、ビーズを作ったりが大好き。
実は僕は高校生の頃に絵画教室に通っていたことがあり、本気で芸大を目指していた。今までのキャリアからは創造も出来ないと思うけど。
そんな血を受け継いだのか。
いやいや、うちの奥さんはプロ級に料理や手芸や工作が上手なので、そっちの血を受け継いだのだろう。


特に次男のまさきはビーズ製作が得意のようだ。先日、おばあちゃんの誕生日にプレゼントを作っていてとても心がこもっていると思ったので紹介したいと思う。


四葉のクローバー
西本 将来(まさき) 8歳




ロッキー
西本 将来(まさき) 8歳

犬のロッキーは先日亡くなったのだけど、生前の元気な姿を上手に表現できていると思う。

机の上の勉強ももちろん大切なんだけど、物を創造することや暖かい気持ちという部分がもっと大切だと思う。

親馬鹿かもしれないけど、子供達を通して自分を見るというかな、自分の心の平穏のバロメーターというのは家族にあると思うので、今の自分は最高に幸せなんだと思う。

西本 圭介


絵手紙と子供達の作品 | 投稿者 ルートウエスト 11:37 | コメント(0)| トラックバック(0)

絵手紙 ぎたは がっき


西本 陽子 6歳

最近、またベースが熱くなってる。
何故かって!?

GUNS N' ROSESの14年ぶりのアルバム『Chinese Democracy』を買ったから。
自分のお金でCDを買うなんて何年ぶりだったろう......(^^;)

14年前っていったら僕がベースを勉強しに留学していて丁度帰国したころだよ。
自分はベース活動を引退するっていって、まだ9ヶ月くらい。
もの凄く音楽業界から離れたような気がするけど、たった9ヶ月。

GUNS N' ROSESのアクセルの歌声を聞いて時は関係ない。
確固たる個性と信念があれば、音楽は続けられると感じた。

今回ベースのレッスン生を一名メンバーに加えることにした。
最近またベースレッスン生が増えてきていて、自分にとってはベースのティーチングのスキルもグっと上がってきていると自覚がある。

ハーレーダビッドソンの世界に今は身を置いているが、あまり制限を設けず、まずはレッスンを通してベースにはしっかりと関わっていきたいと思う。ライブは...... もう少し時間が必要かな。

音楽って引退や休止とかそういう概念で無く、自分の体の中にあるものだから。

西本 圭介
絵手紙と子供達の作品 | 投稿者 ルートウエスト 08:42 | コメント(2)| トラックバック(0)

フェアリング マウント ミラー(91945-98B) 装着


今回はこのハンドルについている純正ミラーを外してフェアリング マウント ミラー(91945-98B)に変更することにした。
このフェアリング マウント ミラーは96年~'09年 FLHT, FLHTC ,FLHTCU モデル用なので、僕の93年式のFLHTCUには適合しないのだけど、無理矢理付けてみようと思う。


まずはフェアリングを取り外します。僕は外すのが2回目なので簡単に外せたけど、一回目はどこのボルトを外せば良いか全く分からず、試行錯誤しました。最終的には仕事柄、分解図をみることが出来るので、それで構造を確認して分解出来ました。

このスピーカーの横のプラスチック部分に穴を開けてミラーを固定させます。


適合年式用のテンプレートは付属しているので、位置決めは簡単に出来るのですが、僕の年式用のテンプレートが無いので、自分でテンプレートを作って左右を対称に穴開けします。


ドリルで簡単に穴は開きますが勇気がいりますね(^^;)


いきなりですが、完成です。ボルト一本で締めるだけなので簡単。
難しいのはフェアリングを外すことでしょう。


どうですか! かなり格好良いと思います(^_^)v
適合年式では無かったですが、別段取り付けが難しいことも無く装着の違和感も無いですよ。
ただし、走行するとミラーが振動して見えにくいです(T_T)
視認性では今までの方が格段によかったと思います。

このフェアリング マウント ミラーが96年以降に適合になっているのはインナーフェアリングの強度が上がっていたり、またはフェアリングのマウント方法が違っていることで、振動が伝わりにくいのかもしれません。

そういう理由であえて96年以前には適合しないことになっているのかもしれないです。

しかし以前のチョッパーも全然見えなかったし、まあ許容範囲だと思いますし、格好良くなったので、まずは良しとします(^_^)v

ちょっとずつですが、自分仕様になっていき愛着がわいてきますね。

それでは!!
ハーレー・カスタム | 投稿者 ルートウエスト 19:47 | コメント(0)| トラックバック(0)

世はクリスマスムードですね(*^-')ノ☆;:*:;☆“


うちのショップでクリスマスの飾りつけを行ったんだ。
別にいまさらクリスマスだからってワクワクするってことはないと思ったけど、飾りつけを済ませて、BGMをクリスマス用に切り替えたら、ビックリするくらい気分がス~として暖かい気分になった。

BGMって商店街みたいな日本のクリスマス・ソングちゃうよ!!!
山下達郎を聞くとクリスマスというよりもカップルがイチャイチャするようなバブルなイメージしか浮かばん(笑)

ハーレーダビッドソンバルコム広島店ではもちろん洋楽のクリスマスソングを掛けている。

僕はクリスチャンでは無いけど、クリスマスのムードは好きだね。
暖かい家庭に帰って暖かいシチューを食べたるようなイメージというかな。

こういうイベントって幸せのバロメーターのようなもんで、これを素直に楽しめるってことが心の余裕だと思う。

今年は去年よりも凄く暖かいクリスマスを過ごせそうです。
日記 | 投稿者 ルートウエスト 18:32 | コメント(0)| トラックバック(0)

絵手紙 お元気ですか


西本 昌良(あきら) 10歳

元気ですか?
僕は凄く元気です。
いつも思います。元気って何かって。
仕事をしていて辛いこともあります。
そんな時は「帰りはハーレーでぶっ飛ばそうっ」って気持ちよさを思い出します。
そうするとス~と気分が晴れてきます。
同僚と馬鹿話しをします。
そうするとス~と肩の荷が下りるときがあります。
毎日、お笑い番組を見て腹から笑います。

元気って誰かがくれるものではなくて自分が作るもんだと最近特に思います。
それも、ちょっとした物の見方とか考え方で気持ちは大きく変化するのだと思います。

自分は物事をポジティブに考える能力に長けているかもしれないとよく思います。
だからストレスというのが殆どないです。
ブログを書くこともストレスを軽減していることのひとつかもしれません。

人の元気を奪うのは簡単なのですが、人に元気を与えるのは凄く難しいことです。
人にもっともっと元気を与えられるように、自分も心身ともに元気にならなければと思う今日この頃です。

西本 圭介

絵手紙と子供達の作品 | 投稿者 ルートウエスト 12:49 | コメント(0)| トラックバック(0)

大久野島(おおくのしま)ツーリング

こんばんわ。
肌寒くなった季節とはいえ日中は凄く暖かく走りの楽しいシーズンですね。
今日は広島県竹原市の大久野島(おおくのしま)へツーリングに行った。

友人のM氏のXR1200と一緒にスタート!


スタートから約2時間で竹原市に到着し、大華園というラーメン屋で昼食休憩!

僕はチャーシュー麺を注文してみました。味としては尾道ラーメンに近い(地域としても近い関係で)感じです。とっても美味しかったですよ(^o^)


それからラーメン屋からバイクで1,2分の場所「竹原町並み保存地区」へ行ってみたんだ。
凄く雰囲気のある場所で心がスーとするような、懐かしいような素晴らしい町並みでした。

僕のエレグラは意外と和の雰囲気にマッチすると思います(^_^)v

この街を抜けて、数キロ走った港でバイクを停留し、船で大久野島(おおくのしま)へ渡りました。この島は車やバイクでの乗り込みは出来ない島なんですよ。

この島について詳しくはココを読んで欲しいと思います。昔は毒ガスを作る工場があり、そのときに実験として使われていたウサギが今もたくさん繁殖しているとの事でした。
今は休暇村になっているので、まったく暗い雰囲気はないのだけど、毒ガスの資料館に入ると。

ちょっとここでは掲載できんような被害者の方の写真とかが展示してあって、人間がこんな酷いことを何でするのか....。
また当時毒ガス製造に従事していた人はどんな気持ちだったのかを考えると、やるせない気分になります。
現在の楽しい休暇村とのギャップがなんとも切ないと思います。


この島はそんなに大きくなく、徒歩でも回ることが出来る。僕は吐きそう(運動不足です(^_^;))になりながらも山頂を目指すと、そこには弾薬庫や大砲の砲台の跡がそのまま残っている。
他の観光客もおらず、施設に入ると背筋がゾ~とするような変な気分になりました。


日露戦争の時にロシアから持ってきた煉瓦で作ったという建物は重々しい空気で僕たちを迎えてくれました。


島に到着し、ウサギに出迎えられたときが現在とするならば、島の裏側で見た物は過去。
ハーレーに乗って楽しく生活の出来る僕たちは本当に幸せな時代に生きていると考えさせられました。
この生活を普通だと思ってはいかんなと。多くの先人の力で作った現在なので、それに感謝して生きていかなければならないと思いました。
決して宗教的とか重い意味では無く「家族仲よく、他人に対して思いやりを持って生きよう」というレベルでよいので、この幸せな生活を続けられるように意識していこうと思います。

島を離れて帰路につく頃には夕焼けが綺麗になってきました。
少し肌寒くなりましたが、ハーレーの良いところはエンジンからの熱気がブワ~ってあがってきて、それが妙に心地よいんですよ。夏場が死にそうに熱いエンジン熱がこの時期は凄く心地よいのです。
夕暮れの湾岸を走って、呉市内に入りました。

呉で有名な「福住フライケーキ」を買いに行きました。
昔ながらの味で凄く美味しいフライケーキで最後の締めです。最高!

呉を後にし、広島市内へ向かって走り出します。
今回は近場ではあったけど、中身の濃いツーリングでした。

まだまだ走りが楽しい時期なんで、もっと走りに行こう!!
次はどこにいこうかな~。誰かアイデアくださいm(_ _)m

それでは、今日は全身筋肉痛で寝るとします。
お休みなさい(^^;)

日記 | 投稿者 ルートウエスト 23:44 | コメント(2)| トラックバック(0)

絵手紙 すべりだいですべる


西本 陽子 6歳

最近の陽子ちゃんのコメントはお笑いタレント〔バカリズム〕の「贈るほどでもない言葉」みたいになってきたな~(;^ω^A
西本 圭介

絵手紙と子供達の作品 | 投稿者 ルートウエスト 13:06 | コメント(0)| トラックバック(0)

長崎ハーレーダビッドソンフェスティバルの見送りに行きました

こんばんわ。
広島は凄く天気がよくない一日でしたね。
今日は朝から〔長崎ハーレーダビッドソンフェスティバル〕へ行ったのではなくて、見送りに行ってきました。
たまたま集合場所が自宅からすぐの山陽道の宮島SAだったんですよ。
僕の家は全然宮島ではないのですが、なぜが宮島が見えるので宮島SAというみたいです。
その宮島SAに普通に高速に乗ってお見送りすると大変なことになるので、裏口から徒歩で無料で入っていくことにしました。
実はSAに徒歩で入るのははじめての経験だったのですが、この宮島SAはETCをつけていると清算して出て行くことができるICになっています。
また近隣の人が食事や買い物で入られるように、裏口には一般用の駐車場も完備されておりました。
徒歩で入場するSAというのは何とも不思議な感じでして、なんかプチ旅行にワープして来た気分になれる楽しいものでしたよ。
これは今後も食事や買い物や子供と遊ぶのに来ようと思いました。
だって自宅から一番近い食事スポットかもしれないですから...(笑)
また広島名物を買いに行くならSAがピッタリですしね!!

そんな感じで、バルコム広島のツーリングのお見送りだけに参加して、そのまま会社に直行という朝でした。


http://www.balcom.jp/harley/
日記 | 投稿者 ルートウエスト 18:55 | コメント(0)| トラックバック(0)

絵手紙 お元気ですか


西本 昌良(あきら) 10歳

音楽関係でお世話になった皆さんお元気ですか!?
僕の教え子達は元気ですか!?
ちょうど昨年のこの時期に音楽活動は休止しようと考えていたことを思い出しました。
それからあっという間に一年が経ちました。
今、思えば当時は凄く不安な毎日で先の見えない航海へ出る...まさにそういう心境でした。
しかし今はなんとか楽園に到着したという感じですかね。
新しいことへの挑戦は凄く怖いし勇気のいることだけど『案ずるより産むが易し』だと身をもって分かりました。
これからも現状に甘んじずに常に自分の理想を目指して精進していくつもりです。

西本 圭介
絵手紙と子供達の作品 | 投稿者 ルートウエスト 20:25 | コメント(0)| トラックバック(0)

休日は息子とツーリングでコミュニケーション


愛車のハーレーをスポーツスターからウルトラに変えて一番変化したのは、子供達とハーレーにタンデム走行する機会が増えたことかな。

お店にハーレーを探しに来る、特に子供連れのお客さんには、子供とのタンデムのことも想定した車種選びをしてほしいと話をしている。
特に僕がお勧めするのはハーレーのフラッグシップ・モデルといえるウルトラクラシック・エレクトラグライドだ。

モノトーンカラー : メーカー希望小売価格(消費税込) \3,070,000
(消費税抜価格 \2,923,810)
ツートーンカラー : メーカー希望小売価格(消費税込) \3,101,000
(消費税抜価格 \2,953,333)
http://www.harley-davidson.co.jp/lineup/touring/flhtcu.html
結構なお値段のバイクではあるが、同価格帯の2シーターオープンカーならマツダのロードスタークラスなわけだ。
残念ながら300万では車は高級車は買えないがハーレーならバイク界の高級車が手に入るというのもポイントだと思う。

そんなお勧めのウルトラで息子とツーリングをして今回は先日買ったXactiで撮影をしてもらった。
このデジカメは本当に手軽に動画をとれて、編集してそのままYoutubeにアップロードまでしてくれるソフトもついていて便利なんだ。

今後も子供たちといろいろな場所に走って思い出を残そうと思う。
それでは(^_^)v
日記 | 投稿者 ルートウエスト 17:25 | コメント(2)| トラックバック(0)

自動車は売れ行きが最悪らしいですね............

何かと最近は暗いニュースが多いですね。自動車は売れ行きが最悪らしく10月の国内新車販売は13%減、米新車32%減なんだって。
平成2年のピーク時の約50万台から市場規模が半分以下になっているとのこと。
ちょうど僕が20才のときがピークだったんだ!!
確かにあの当時はバブリーでさ、軽自動車の2シーターオープンとか、ガルウイングの大衆車とか、分けの分からんのが一杯出ていたもんな~。ホンマにあの当時の自動車メーカーは面白かったね。

僕はハーレーのディーラーにいるので、この販売減の話はまったく関係ない話でもないのだが、今はまだニュースのような雰囲気を感じることは無く、順調に売れていると思う。
これは実用車と趣味性の高いバイクとの違いだと思われるが、ある程度需要に対して行き渡ると、ハーレーにしても、これから伸びというのは非常に厳しい時代に入っていくのではないだろうか。

車の業界にしても販売台数が減っているとはいうが、少子化で若者が減っているわけだから、新規の顧客が今後もどんどん増えるはずなど無いことは分からないのだろうか.....。
逆に買い替え需要というならば、車メーカーが煽るほど買い換える必要は実は無いんだよな。
だってさ、アメリカにいったら僕が小学生くらいのときに見た日本車が今だに元気に走っているよ。
ちゃんとメンテナンスすれば、車なんて10年も20年も乗れるよ。
そんなに頻繁に乗り換える必要なんてないし、燃費のために乗り換えるといっても、下取りして追金してまで購入したら、燃費良くなったとしても追金した分は何年で元が取れるの??ということもある。

要するに消費者が買いたいと思える魅力的な車をメーカーが作っていないということではないかな。どのメーカーもこぞって趣味性の高いスポーティーカーは撤退しているし、平凡なファミリーカーと軽自動車ばかり。そりゃ誰も新車なんて買わないよ。中古車屋のほうが見ていて面白いもん。

僕の意見としては景気が復活したらまた車が売れるようになるとは思っていない。
なぜならメーカーが壊れないように車を作るものだから、中古車も程度の良い車だらけで、別に新車を買わなくても、十分長持ちしてくれる。車の寿命が延びれば買い替えなどしなくはなるでしょ。
従ってハーレーについても今後右肩上がりってことはないと思う。
どう考えてもハーレーがホンダのカブみたく大衆車にはならないからね。
ハーレーがもっとシェアを伸ばそうと思ったら、400cc以下のモデルやスクーターも出す必要はあるんじゃない?

また車メーカーは今後こぞって契約社員を解雇していくというから、さらに追い討ちを掛けて車が売れなくなるのではないかな。だって広島なんてマツダ関係の職業の人は下請けをいれたらすごい数なわけで、売れないから従業員解雇だと彼らは当然車など買えなくなるし、さらに負の連鎖を起こすのではないかな。
僕は車が売れなくなった責任の一旦はメーカーにあると思う。売ることばかり考えて、過剰に値段を下げることばかりをやったから、従業員の給料は良くないし、下請けは儲からない。だから新車など買えない.....という連鎖をしたと思う。これは他の業種でも同じではないかな。

すでに数を売るという時代は終わったと思う。今よりも新車相場が20万上がったとしても買いたいと思える車を作ればいいわけだし、買ってもらった後に市場にお金が落ちるように、カスタムの規制緩和も行ったりして、車を楽しんで乗るという提案をメーカーがしていかないと、さすがに燃費とエコを売りにした車の話題は飽き飽きしてきたね。

そんな感じで、僕はハーレーを売ってはいるがメーカーの人間ではなく、ハーレー社の命運に関してはどうすることも出来ないが、ハーレーが保守的になって、面白みの無いバイク作りをしないように祈るばかり。またイノベーターとして近い将来に度肝を抜くようなバイクを提案してきてほしい。

そんなことを考える、今日この頃です。
日記 | 投稿者 ルートウエスト 18:27 | コメント(4)| トラックバック(0)

絵手紙 フィリピンそだち ようこそ日本へ


西本 昌良(あきら) 10歳

最近はバナナが品薄なんだって
そう聞くと無性に食べたくなるものです(^_^;)

西本 圭介
絵手紙と子供達の作品 | 投稿者 ルートウエスト 20:37 | コメント(0)| トラックバック(0)

ハーレー購入を悩んでいる人へ

日々、ハーレーをはじめて乗りたいと考えられているお客様に接し、様々な相談に乗らせてもらっている、相談の多くは「モデルを決めかねている。ハーレーは欲しいが中古車や旧車を含めて悩んでいる」「経済的な部分で決定しかねている」「誰かに反対されている」というのがほとんどだと感じる。
最近は僕のブログを見て来店頂いただく方も凄く増えているので、ここで事前に自分のハーレー購入に対してのアドバイスを書こうと思う。

まず何かを買うべきか迷っているという方に対してのアドバイスだが、圧倒的に予習無く来店されている方が多いので、やはり雑誌などで多少は勉強してくるのが良いと思う。もちろん僕はセールスのプロなので、ゼロの知識の人にも丁重に説明はしているが、耳で聞いた情報というのは次の日には半分も残らないらしいので、モデル構成や価格帯、ライターのインプレッションからの予備知識はつけておいたほうが良いでしょう。

これはミュージシャン的な視点だと、ベースを習いに来た生徒さんが好きなアーティストも好きなジャンルも無いけど、とりあえずベースを上手くなりたいので、何かアドバイスして欲しいと言われても教えにくいのと似ている。
ハーレーといっても排気量も違えば、年式によってスペックも違うし、楽器的にいうとフェンダーの高級ヴィンテージから最新の安価版モデルも含めて広すぎるフィールドで悩むのと一緒だと思う。

ハーレーに対して知識の少ない方はどういうライフスタイルの中で乗りたいのか、どんな形のハーレーに乗りたいかというくらいは絞り込んでくるとモデルの選択は楽になる。
まったく初心者の場合は、新車のハーレーをお勧めする。というのもハーレーのオーナーの多くは意外と走らない人が多い。だから走ることに注力してもらうためにも、トラブルは少ないに越したことはないので、そういう観点で新車をお勧めする。もちろん中古車はすぐに壊れるという意味ではないが、ある程度の知識がないと中古車は高い買い物になる場合も多い。
後、オイル滲んだり、ブレーキが鳴くくらいで神経過敏になる人はハーレーはお勧めしないし、まして旧車など論外。スクーターに乗ることをお勧めする。多少のことは笑って済ませられる太っ腹でないと、ハーレーは似合わないし、付き合っていけない乗り物だから。


続きはこちら
日記 | 投稿者 ルートウエスト 13:09 | コメント(2)| トラックバック(0)

絵手紙 えんぴつは えをかいたら なくなる


西本 陽子 6歳

形あるものはいつかは無くなってしまう。
でも無くなる事によって、新しく生まれるものもある。
人生は何かを犠牲にして、何かを得ている。
当たり前の自然の摂理を思い出させてくれるから、子供の視点は素晴らしい。

西本 圭介
絵手紙と子供達の作品 | 投稿者 ルートウエスト 10:16 | コメント(0)| トラックバック(0)

昨日はソフテイル・ロッカーがお家に


どうも~。昨日に引き続き試乗車の慣らし運転中です。
昨日は最新のソフテイル・ロッカーに乗って帰りました。


昨日のナイトトレインと基本骨格は同じモデルなんだけど、リアタイヤが240mmという極太タイヤのモデルなので興味津々だった。

乗った感想は、基本はナイトトレインと変わらない印象なんだけど、ポジションはこっちのほうがかなり乗りやすい。
見た目はロッカーのほうが異様な感じだけど、実際に乗るとかなりオーソドックスな乗り味だと思う。
今回はあまり倒すような道を走っていないけど、タイヤの太さをネガティブに感じることは一切なかった。
これは賛否はあると思うけど、初心者でも全く問題なく乗ることが出来るモデルだといえる。
これは現行のハーレー全てに言えることだけどね。
苦言をいうならば、乗りこなす楽しみとか手強さのような部分が少ないことだといえる。
とくにロッカーは見た目のインパクトがハーレーで一番強力なだけに乗ったときの普通さには逆にビックリしてしまう。
逆に言うと、このセットアップのハーレーを市販して、しかも普通に乗れるように作ったハーレーは実はかなり凄いと思う。


僕の愛車はこの時期はエンジンを始動して、まともに走るまでに10分は掛かるし、始動時にも下手をすると調子を崩してしまう。自分だけの始動の儀式的な事があるし、走り出しても色々と気を遣わないといかんことが多々ある。夜にライトを付けると電圧が下がって、ウインカーがつかなくなったりするので、電圧計を見ながらアクセルをあおって電圧を上げたりとかね。

現行のハーレーを乗って感じるのは、優等生なことは良い部分でもあり、悪い部分でもあると思うということ。
現行に全てを求めるのは酷な話なので、後はオーナーが自分色にしていけば良いと思うよ。多少乗りにくくしてみたりとかね。


全てのハーレーオーナーが思っていることだけど、やっぱ自分のが一番ええわ~(^_^)
性能的にはアカンことだらけやけど、それを少しずつ克服していくのが楽しみだからね。

最近は現行ハーレーに浮気気味なので、久しぶりに乗ってやらんとね(^_^;)

それでは!!
日記 | 投稿者 ルートウエスト 11:42 | コメント(0)| トラックバック(0)
<<  2008年 11月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
ホビダス[趣味の総合サイト]