広島のハーレーダビッドソン Fan BLOG プロミュージシャン活動停止しハーレー業界へ転身する管理人のBlog

最近の記事
ブログを引っ越ししま…
03/12 18:34
寿音-JUON Li…
07/28 18:47
こちらを見ていただい…
03/07 12:24
ブログを引越しいたし…
05/13 11:53
ウルトラはタンデムに…
05/10 11:43
ブラジリアンパーク …
05/08 15:10
出雲ツーリング
05/06 21:27
連休をいかがお過ごし…
05/02 00:27
十勝【花畑牧場】の生…
04/26 11:01
広島県廿日市市の少年…
04/25 16:46
最近のコメント
junさん、どうも~…
管理人 西本 圭介 05/11 19:59
うちのムスメも、スク…
くぢら 05/11 15:56
昔、取材でハーレーに…
jun 05/10 21:54
こちらこそ、ありがと…
管理人 西本 圭介 05/10 16:39
今日は。今日はあ…
ハルチャン 05/10 15:01
西本様、さっそくの回…
ケンニ 05/10 14:05
コメントありがとうご…
管理人 西本 圭介 05/10 12:40
はじめまして。08の…
ケンニ 05/10 11:41
ゆうぴいさん、久しぶ…
管理人 西本 圭介 05/09 10:13
harugariaさ…
管理人 西本 圭介 05/09 10:09
最近のトラックバック
うえのの「あなごめし…
10/16 19:18
超ガソリン高値時代の…
07/01 12:45

皆様のお陰で良い年が越せそうです。ありがとうございました。

こんにちは。
すこし早いですが、今年は色々とありがとうございました。
明日は会社の大掃除して30日から休みを頂きます。今年の正月休みはネットと睨めっこはやめてアナログな正月を久しぶりに送りたいと思っています。

何度もここで書いてきた事ではありますが、今年を振り返ると正月の時点ではバルコム広島店に転職することは決まっていたのですが、成人してから38才までの人生はどちらかというと浮世離れしたような生活をしていたので、本当に不安が一杯でした。
1,2月は前職の音楽学校での残務処理をしていましたが、辞めると決めてからスッキリしていた気持ちに幾分かの後悔が入り混じっていたような複雑な数ヶ月でした。
「多少プライドを捨ててでも、今の仕事にすがり付いて、これまでどおりのルーティーンな生活を続けるほうが楽かも....」という邪念も入ってきていたりして....。

それから4月に入りハーレーダビッドソン バルコム広島店に転職。
バイク業界は初めてだから、全くゼロからのスタート。でも転職組だから、新卒のようなハンディは無いしね。キツかったな~始めの3ヶ月は。
いやいや今でも始めての体験の連続だから大変なんですけど、38才なのに気分は23才だと言い聞かせて、失敗を恐れず頑張りました。
そして年末になり、なんとかやり遂げた! という達成感です。
ホームページを6月にリニューアルして、WEBマスターとしても良い方向には持っていけたと思います。

自分のこれまでを振り返って、38才までの音楽業界での生活はまさに“冒険”という感じでした。
たぶん、普通の人が出来ないようなライフスタイルで10年生活してきて、そういう意味では楽しい時期でしたし、実際に他人から羨ましがられる生活だったかもしれないです。

ただ、今の生活をしていて感じるのは、“普通に生活することの奥深さ”です。
朝起きて家族と食事をして、夜に自宅に帰るという普通の生活ですら、昨今は難しい環境になってきました。この師走に仕事が無くなって路頭に迷う方々もいますから......。

僕はこの仕事をして、お客様に喜んでもらって、そして自分の生活も別に派手でなくても良いので、趣味にお小遣いを使える程度の生活を続けられるなら、今は凄く幸せですね。

そういう価値観をもって、来年の抱負は【楽】とします。

この意味は、まず音楽活動というほどではないにしても趣味としての音楽をもう少し充実させたいという意味の【ガク】、仕事の面ではもっと勉強して【ラク】に【タノシク】仕事が出来るようにしたいと思います。
楽しいという感覚は与えられるものではなく、自分でクリエイトするものだと思っています。
仕事を「働く」ではなく、「楽しい活動」にしていければ、僕にとってハーレーという趣味をまた実益にしていけることになります。
まずは自分が楽しんで生きていけること。そしてその楽しみをお客様に提供していけること。

まずはハーレーのセールスとして自分がハーレーに乗って走り回らないと話にならないので、もっと積極的に走りますし、カスタムもします。

話しがまとまりませんが、来年は本当の意味でのハーレー業界で生きる私の初年度になりますので、ぜひ変わらず応援をよろしくお願いいたします。

そして、ちょっと疎遠になってしまいましたが、音楽業界で良くしていただいた友人や先輩方にはこの場を持って、感謝の意を伝えたいと思います。

それでは、良いお年を(*゚ー゚)v
日記 | 投稿者 ルートウエスト 10:23 | コメント(1)| トラックバック(0)

モミアゲスピードさんの『新春黄金ツーリング』ご紹介

こんにちは。
本日はツーリングのお知らせです。
モミアゲスピード モーターサイクルズさん主催のツーリングが1/4にあります。
僕は天候がよければ参加する予定に今のところしています。
僕のバルコムのお客さんも、もしも興味があったら一緒に走りましょう!


『新春黄金ツーリング』
日時:1月4日(日) 10:00集合
集合場所:舟入マック


大きな地図で見る

呉の神社で初詣して江田島方面へ走るそうです。

詳しくはモミアゲスピード モーターサイクルズのホームページ又はBBSをチェックしてください。
参加する予定の方はこちらに書き込みをしてください。

注意: こちらのブログの書き込みは書いたら〔投稿する〕ボタンを1回だけクリックしてください。記事の投稿が反映されるのにすこし時間が掛かります。ブラウザを更新すれば、記事が反映されるはずです。よろしくお願いします。
日記 | 投稿者 ルートウエスト 15:51 | コメント(2)| トラックバック(0)

☆White゜・。゜・。゜(゚ー゚('-'*)ゝ。゜・。゜・。X'mas☆


今日はクリスマス・イブです。
最近は暗いニュースも多く、今年のクリスマスは例年と違って盛り上がり感が薄いと思っているのは僕だけでしょうか?
イベントに便乗するのが得意な日本人なのですから、今日明日くらいは明るくパ~!!っと行きましょう!

そういえば、僕は去年のクリスマス前日くらいから禁煙を始めたのですが、1年禁煙成功しました!最近ではバイクで走っていて、タバコを吸う人の車が追い越したときの残り香でも気になるようになりました。

そして去年のクリスマスには今働いているハーレーダビッドソン バルコム広島店への内定はほぼ頂いていた状態だったと思いますが、それでも明るいクリスマスではなかった記憶しています。

禁煙、就活と結構辛い年末でしたが、今年は好きな仕事に就職できたし、成果も自分としては200%の出来だと思っているので、本当に良いクリスマスをむかえられます。
この成果も周りに支えられてのことなので感謝しなければなりません。

これで明日起きたら家の前にスポーツカーがプレゼントでおいてあるようなバブリーなことがあれば最高です(笑)

それは冗談として家族が健康で楽しく生活できていることが一番のプレゼントです。

皆さんにとってこの2日間が素晴らしいものでありますように。
(*^-')ノ☆;:*:;☆“Merry*Christmas”☆;:*:;☆ヽ('-^*)
日記 | 投稿者 ルートウエスト 13:41 | コメント(2)| トラックバック(0)

Toshi HIketa氏によるプロビデンス エフェクター&ケーブルクリニック開催!!

僕の旧友で幾多のステージを共にしてきたデビット・リー・ロス・バンド(ヴァンヘイレン、ボーカル)のギタリストToshi Hiketaが広島に来ます。

プロビデンス エフェクター&ケーブルクリニック
2008年12月23日(火) 島村楽器 広島店 Aスタジオ 15:00スタート
チケット無料

http://www.shimamura.co.jp/hiroshima/index.php?itemid=16512


live in Nagoya Japan 2007 での僕とトシ、レイ(KoRnドラマー)との演奏

僕も見に行く予定なので、もし現場で見かけたら声を掛けてください。
日記 | 投稿者 ルートウエスト 09:59 | コメント(4)| トラックバック(0)

最近買ったCDの話。ガンズ&イングヴェイ

久しぶりに音楽の話をしようと思う。
ここ最近、自腹でCDを買うことは殆ど無かったんだけど、すこし再熱し始めた音楽魂に何かをと思って、CDを買った。

チャイニーズ・デモクラシー(ガンズ・アンド・ローゼズ)

これは僕がここ数年で一番良い!と思ったアルバム。またアーティストとしても尊敬に値すると思ったバンドだ。
ガンズがオリジナルのメンバーでやっていた当時15年くらい前には、日本にはガンズ・モドキなバンドが竹の子のように現れた。
ファッションだけで音楽性はまったく雰囲気だけというXXX'N XXXXというような恥ずかしいマネっこバンドが一杯いたもんだが、彼達が今回のアルバムを聞いて真似たくても、マネっこ出来ないくらいに進化している。
単純にかっこよいアルバムだが、コピーしようと思っても到底出来ないような素晴らしい演奏なんだ。
僕はかねてから、ガンズのようなクールなロックにテクニカルなギターを入れることを一つのテクニカル・ミュージシャンの理想系と考えていたが、まさにアクセル・ローズがそれをかなえてくれた。さすが!!
ベースは決して派手ではないが、そういうのはどうでも良いことで、バンドとして、そしてアレンジ面からしても、素晴らしいアルバムだと思う。

日本のマネっこバンドがバケッドヘッド見たいな変態ギタリストを入れようと思うか!? 現在のギタリストのローンサールもしかり、こういうギタリストを加入させようと思う、発想力こそが、アクセル・ローズの凄さだと思う。

ギタリストが凄いと書いているけど、ポールギルバートみたいなのとは全然違う、テクニックを超越すると、違う領域に入ると考えているが、彼達はテクニカルギタリストいうようなレベルではないギタリストだ。
正直、ヤングギターというようなレベル(失礼)の雑誌で奏法解説なんかしないでくれよって密かに願っています。
このアルバムの凄さを語れば、一日中盛り上がれると思うけど、次はイングヴェイについて語ろう。


パーペチュアル・フレイム(イングヴェイ・マルムスティーン)

このアルバムはガンズと対極をなす僕の中でこの20年で一番良くないアルバム...
正直、こんなことを書くのはやめようと思ったけど、僕のレッスン生を含めて、色々な意味で僕の価値観やバンドアンサンブルという視点で僕がどのように聞こえているかを書いておくのも、必要かと思い書くことにした。

まず楽曲がワンパターンだということは、水戸黄門のようなものなので、別によいと思うけど、アンサンブルが酷いです。
まずこのドラマーをなぜ雇っているか意味が分からない。外国人とは思えない薄っぺらいグループで過去のマイク・テラーナやシェーン・ガラース(現B'z)達と比べるとレベルがかなり下がる。
ここまでギターリフとドラムのキメがずれるアルバムを発売できる神経はある意味神だといえる。

イングヴェイはここ最近、WAR TO END ALL WAR以降はかなりギターが荒い。
円熟したといえば聞こえがいいが、もう少し冷静になって綺麗に録音したほうが良いのではと思う。
そのイングヴェイが弾くベースはアルバム「トリロジー」は最高だけど、今回のもタイムが悪すぎて、ドラムとベースとギターがバラバラ。
これで人気を復活させられると思っているならば、ファンを甘くて見てはイカンと思うよ。
楽曲もジャパメタのようなレベルで、歌のティム”リッパー”オーエンスが入っていなかったら、僕は絶対に日本のバンドだと思っていたと思う。
歌のミックスもバランスが酷いしね~。ガンズとは掛けている予算が何十倍も違うと思うので、仕方ないかもしれないけど、でももっと良い音で録音できるでしょ。

ということで、苦言は幾らでも書けるのだが、僕はイングヴェイが大好きだから、がっかりなんだ。
もっとバンドのアンサンブルを丁寧にすること。そしてベースはイングヴェイが弾かないことを願います。
ベースはベーシストが弾くほうが絶対良いです。テクニックとしてベースは弾けても、サウンドメイキングやタイム感という点では、ベースの専業者を絶対入れるべき。

今回この二枚を聞いて、凄く勉強になった。
同じギターテクニックでも使い方でこんなに違うのか。
両方、個性の強いリーダーのワンマンバンドだけど、プロデュース能力でここまで差が出るのかという。
ミュージシャンの選定の能力、アンサンブルの指揮能力。

色々と考えさせられました。

ベースを上手くなるためには、練習も必要ですが、たくさんの音楽を聴くこと。
僕の感想を鵜呑みにする必要はまったくないので、もしもこのアルバムを聴くチャンスがあったら、どのように感じるか、時間があったら語り合いたいものです。

今日はこの辺で。

日記 | 投稿者 ルートウエスト 13:07 | コメント(0)| トラックバック(0)

最年少レッスン生と最年長レッスン生(笑)


最近ベースレッスンの問い合わせが増えてきました。
現在は広島市内はもとより西条や三原市の方もいらっしゃいますし、今後は尾道市の方も仲間に加わります。

そんなベースレッスンの最年少と最年長の顔合わせです。
最年少は僕の娘の陽子ちゃん6歳と最年長のMさん(XX歳)です(^_^)

Mさんは僕が見てきた数百人の生徒の中でトップのベース・クレイジーです!
ベースを愛するというのはこの人みたいな人を言うのだという方です。
陽子はまだレッスンは4回目で、実質の時間は1回分というところですが、結構飲み込みが早いと思います。

楽器なんて楽しく弾けば良いだけで、子供は固定概念がないので、フォームも自由に弾いています。別に逆手で弾こうがオーバーハンドで弾こうが本来はどうでも良いことです。
大人になると、色々と雑念が入り上達を妨げて行くことが往々にしてあります。

僕のレッスンではテクニックを日常に使う体の筋肉の動きを利用してベースに当てはめられるように教えています。
テクニックというと難しい感じますが、結局は自分が生きてきて養った、普通の動きをいかにベースに応用するかなのです。
もちろんベースを弾くのはテクニック以外に知識も必要ですが、子供が言葉をしゃべり始めるときに知識先にありきでは無いです。
ベースも同じでいかに自然にベースに接する事が出来るかからスタートし、ある程度ベースが操れるようになってから、スタイルや理論を覚えれば良いと考えています。

もしも興味があったら、レッスンの告知をご覧ください。
〔広島地区〕ベース・プライベート・レッスン リターンズ!! 追加募集開始!


BASSレッスン | 投稿者 ルートウエスト 00:12 | コメント(2)| トラックバック(0)

Mikuni HSR42 用 クローズコントロール 3042-0004 Mikuni SE Cruise Control Adapter

こんにちは。
昨日Mikuni HSR42のインプレッションを書いたが、やはりクローズコントロールのアダプターは市販のものを使おうと思う。
常に稼動する部分に自作で改造を加えるのは、リスキーだと考えたから。

今検討しているというか、世の中にはこの一個しか選択肢はないのだが、Rivera Primo社の〔3042-0004 Mikuni SE Cruise Control Adapter〕を注文してみた。
ネットでは到着に数ヶ月掛かったと事例もあるようなので、気長に待つとしよう。
このハイライトしている部分の部品でこのワイアーがクルーズコントロールの機械が引っ張るんだ。


ちなみにRivera Primoのカタログでは思いっきり写真が間違っていて、S&S用のアダプターの写真になっている。
逆にS&S用のクローズコントロールの写真がHSR42というややこしいことになっているんだ(笑)

品番は3042-0004で間違いないと思うよ。

ということで、インプレはかなり先になりそうですが、また報告します。




ハーレー・カスタム | 投稿者 ルートウエスト 13:50 | コメント(0)| トラックバック(0)

Mikuni HSR42 キャブ エンジン始動

HSR42の取り付けも終わり、一瞬の晴天をねらって試乗に出かけた。
今回は走行シーンは撮影していないが、始動シーンを公開したのでどうぞ(^_^)v

まずキャブを変えて感じたのは、始動性の良さなんだ。
CVの時のようにクシャミが少なく、いきなり元気な感じが良い。
映像の最後でアイドリングのスクリューを調整している姿が見れると思いますが、かなりアイドリングも下がるのだけど、力強さはCVの非では無いね。
エンジンの音が力強いし、僕のマフラーは車検対応なのにこの迫力だからね。

そして、試乗に出たのですがCVとは全く違いますね。アクセルの開閉に凄くシビアについてきます。
逆に言うとCVよりも低速でゆっくり走るときにはシビアな印象もありますが、これは慣れでどうにでもなる程度の問題です。

後は良い!!!としかいいようがありません。加速も良いし、低速でのパンチもあるし。高速も今までの感覚+10kmで速くなっている。
これはマジで買って良かったと思った。

CVにお金を掛けて色々といじるより手軽で簡単。後は燃費とかを調べてみようと思う。

アメリカではHells Angelsの方達がこぞって愛用していると聞いているので、性能と燃費のバランス感はすでに良いっていうのは分かるんだけどね。

次はクルーズコントロールの事を考えようと思います。当初自作しようと思ったけど、この価格でこんな良いキャブ変えたのだから、別にケチらなくて安心なパーツを買おうとも考えている。
この冬場はクルーズコントロールを使うようなロングに出ること無いしね。

ということで、まずはHSR42は変えて良かった。ということで。

ハーレー・カスタム | 投稿者 ルートウエスト 20:20 | コメント(0)| トラックバック(0)

Mikuni HSR42 キャブ 続編

こんにちは。広島はあいにくの雨でせっかくの連休なのに走れないという辛い休日です(T_T)

さて、そんな日はカスタムをするしかないでしょう。
先日届いたHSR42を早速取り付けてみることにしました。
前回書いた、クルーズコントロール用のステーについては、今度にすることにします。まず走って調子を見てからでも良いかなと思います。


まず現状の純正CVを取り外します。念のために書きますが、CVも凄い良いキャブですよ。僕的には軽く調整した程度のCVのほうが調子がよいというか本来の姿らしいと思いますよ。


まずエンリッチナーを外します。これはHSRでも流用するので、壊さないように外してください。


キャブが見えたら、アクセルのワイアーを緩めてワイアーを外しやすくします。
もちろん作業する前にはキャブにあるガソリンは使い切って、コックもOFFにしてください。じゃないと外した途端にガソリンがドバ~って出てきますよ。


エンリッチナーのバネと先っぽのブラスのパーツは外してHSRのよく似たパーツと入れ替えます。


取り付けはCVを外したのと反対の行程なのでさほど難しくありません。
さすがハーレー専用に設計しているだけあって、加工も必要なくポン付けできますね(^_^)v


社外のエアクリーナーを付けて、ハイ完成!

キャブを外すのが全くの初心者の人は手こずる部分もあるでしょうが、それでも1時間もあれば交換は出来ると思います。車載工具で全てOkだしね。

肝心の試乗は雨なので出来ていないのですが、エンジンを掛けて見た感じはCvの時よりも力強い感じはします。
またアイドリングも早く安定するという感じもします。

早く試乗したいものです。
今日はこの辺で!!

***** PR *****
僕が働いているハーレーダビッドソンバルコム広島で決算のセールやっています。よろしくです!
http://www.balcom.jp/harley/

ハーレー・カスタム | 投稿者 ルートウエスト 12:11 | コメント(0)| トラックバック(0)

久しぶりにカスタムプロジェクト 〔Mikuni HSR42 キャブ〕

最近はウンチクの多いブログになっておりましたが、今日はカスタムについて書こうと思います。
僕の愛車の1993年式 FLHTCU ウルトラクラシックエレクトラグライドはもちろんキャブ仕様であり、今は純正のCVキャブをライトチューンしているんだ。
今のところ特に不具合は感じていないが、これまでの歴代の愛車にはS&Sショーティー、フルチューンCV、FCRといったキャブで楽しんできており、その違いというのを体感してきているので、手軽に遊ぶにはちょうど良いと思い、今回はハーレーの純正アフターパーツとしてもラインナップされていたMikuni HSR42を試してみようと思う。

今回このMikuni HSR42を試そうと思った動機の一つは某ネットショップでなんと送料込みで26000円で買えてしまったということ。円高還元か、またはキャブのハーレーが減ってきて売れていないのか、そんな理由でかなり安かったので買ってみることにしたんだ。自分の店で買えよ!と突っ込みをくらいそうだが、社員割引で買っても某ネットショップの安さには全然敵わないよ。


今回は紹介のみで実際の取り付けはまたインプレッションしようと思うのだが、今の問題としては、僕のウルトラにはアナログ式のクルーズコントロールがついているのだ。
これは機械的にワイヤーを引っ張ってキャブを制御する装置なのだが、クルーズコントロールが引っ張る第三のワイアー用のストッパーとひっばる止め具が必要なんだね。

実はこのパーツはRIVERA/PRIMOから品番3042-0004で発売しているのだが、1万5000円位しそうなパーツなんだね。
http://www.riveraengineering.com/3042-0004_a.pdf
キャブの半額も掛けてこの引っ張りパーツを買うのはさすがに厳しいので、ここは手作りしてみるかと考えている。

ここまで読んでいただいて、たぶんキャブ車でクルーズコントロールをつけている車両以外の方はまったく興味の無い話だと思いますが、日本中の数人はいるかも知れない同じ悩みの人のためにもちょっとがんばってみようと思います。

こうやってキャブのことを考えていて、つくづく最近のインジェクションはよいよな~って思いますね。

それでは、今後ちょっとずつレポートしていきます。お楽しみに!!
って楽しみにする人は少ないと思うけど.....(笑)


ハーレー・カスタム | 投稿者 ルートウエスト 12:44 | コメント(0)| トラックバック(0)

ハーレー購入の背中を押す 連載開始

日々ハーレーディーラーで仕事していて感じることがあります。
店に来る人の半分以上は見学であったりウインドーショッピングだったり、下見だったり。それは良いとして本気で買いたいと思って来店し、買えない(買わない)人の多さにびっくりした9ヶ月(僕が入社してから)でもありました。
昨今ではローンの審査が厳しいということもあり、この状況はサブプライムローン問題を教訓に国内でも審査は来年からさらに厳しくなるので、ローンを希望されている方は「お早めに!」としか今のところは言いようが無いです。

今回はローン審査が通る方で購入意欲があるが、最後の一歩を踏み出せない方へ向けて書いてみようと思います。

ハーレーは欲しいが現金で買うのも難しい、頭金を工面するのも難しいという方には12月28日まで当店では金利3.9%で最長150回のローンをお勧めしているのですが、それでも「150回!? 12年も払うのなんて考えられない.........」というお言葉が多いのです。

今回は、そういった方に向けて、ハーレーが購入への背中を押したいと思います。

まずハーレーは趣向品であり、いつか必要性が出てくるという類の物ではありません。
もしあなたの収入が上がっても生活の水準自体も上がりますので、住宅ローンや養育費など色々と出費も増えるでしょう。ですからお金持ちという粋に入らない限りは永遠にハーレーを買う余裕など生まれなくなります。

ですから、欲しかったら今、買うしかないという理由付けが必要なのです。
例えば携帯電話は今の世では必需品に近いものなので、月々1万円位は払っている人も少なくないでしょう。
携帯の使用料を払いたくないから携帯電話を持っていないという人は逆に稀なのが今の世です。

まずはハーレーが欲しいかたは、まずは自分にとってハーレーは「人生の必需品」だと言い聞かせるしかないのです。
そう思えない方は別にハーレーが好きではないのですから、無理して乗る必要はありませんし、僕はその程度のモチベーションの方にはハーレーを売らないようにしています。
まずハーレーが大好き! ハーレーを持つことで人生が豊かになるという気持ちを再確認してください。

次は月々の支払いを「ローン」と思わないことです。ローンやクレジットという言葉自体がネガティブな響きではないですか!
月々の支払いは生活費の一部だと思ってください。

最近、あるお客さんに聞きました。「ハーレーの金利手数料を凄く気にされていますが、携帯電話を分割でお買いになっていますよね?その機種は一括払いだと幾らだったのですか?」 と。
その人はまったく答えられませんでした。

これと同じようにローンで買う方は金利手数料を気にしないでください。
あくまでも月々が幾らかを見て欲しいのです。人からお金を借りれば手数料が掛かるのは当然のことで、それを気にする方は現金で買えばよいだけの話です。

ローンを組むときにあまり細かく手数料を気にしても仕方ないです。
この車両が欲しい、月々幾らなら払えるということをポイントにして回数を決めればよいだけです。
ハーレーなら最長12年のローン(12/28まで適用)を払えば、自分のものになります。

賃貸マンションに何十年も支払いをしていも一生自分のものにはなりませんが、ハーレーは支払いが終われば自分のものです。ハーレーの寿命から見れば12年なんてまったく屁でもありません。
これからスタートくらいの年月ですよ。

今一番高い部類の310.1万のウルトラでも月々27,000円/150回で自分のものになります。
88.3万のスポーツスター883なら月々8,500円/150回です。

次にハーレーは欲しい意欲はあるが、月々の支払いを150回にしたとしても、さすがに支払いが厳しいという方に対してです。
そういう場合は思い切って別のモデルを検討してはどうでしょう!

たとえばFXCWCロッカーCの場合は価格は267.8万円で月々約23,000円/150回ですが、同じソフテイルでFXSTソフテイルスタンダードなら月々約17,000円/150回です。
スポーツスターで一番人気のナイトスターなら約13,000円/150回です。
当初より一万円も月々の支払いが減りました。
1万円安いからといって走りが半減するかというと全く違います。ハーレーにプライスは関係ありません。どのモデルも最高でオーナーにとってはナンバーワンになれるバイクだからです。

僕自身も本当に乗ってみたい夢のモデルは当然ありますが、ディーラーで勤めているからといって、いきなり目標のモデルに乗れるわけではありません。
これは妥協ではなく、まずはハーレーに乗って「ハーレーのステージに上がる」ということが重要だと考えて欲しいのです。
一旦ステージに上がれば、目標のモデルにもいつかは乗れるでしょうが、色々と言い訳を作って乗らない人は目標のモデルはおろか永遠にハーレー自体にも乗れないのです。

そうやって乗りたくても乗れないようになったおじいさんがハーレーを眺めによくやってこられます。「ハーレーを欲しいと思いながら、先延ばしにして、結局乗りたいと思ったら体力的に難しくなった.....」という方達が.....。

今回の背中を押すポイントはローンは生活費の一部と思って、無理やりに捻出すること。
そしてその金額に合う車両に乗ること。それが夢のモデルではなくても。

ハーレーに乗る生活になれば、ハーレー予算というものも、当然出来てきますし、ハーレーを乗ることで英気が養われて仕事で成功するかもしれません。そして将来に夢のモデルに乗ってください。

ちょっと長くなったので、今回はこの辺にしますが、もしも背中を押して欲しい人がいたら僕まで連絡ください。

それでは次回よろしく!!


PR
バルコム広島店での無料見積もりを希望される方は以下をクリック!
私が直接お答えします。
氏名や連絡先は嘘は書かないでね! 虚偽の記載には返信しませんので、よろしくです。
http://form1.fc2.com/form/?id=371667
購入アドバイス | 投稿者 ルートウエスト 15:50 | コメント(2)| トラックバック(0)

最近 思うこと。

最近は楽しい話題がないね~。
毎朝のニュース番組は派遣社員のリストラというような話題ばかりだ。

誤解を恐れずに言うと派遣社員とはこのような場合のことを想定されて雇われているわけなので、ある意味では仕方ない(簡単には言いたくないが)とも思える。
しかし、正社員といわれている人達がリストラの対象ならないかというと実態はそうでもないのではないだろうか。
俗に言う正社員で使えない人っていうのはどんな企業にも腐るほどいるはず。
天下りや付き合いで雇用しているような人材も多いことだろう。
仕事というのは必ずしも汗水たらすことだけではなく、コネやパイプという人脈としての必要性もあるので、必ずしも暇そうにしている人=使えない人ではないわけだが、実際に汗水働いている方達からすれば、納得いかない人材がのうのうと給料をもらっていると思うこともあるだろう。

僕の考える改善策として、例えば自動車関係で考えてみると、XXX自動車が2000名をリストラするのであれば、彼達が自社の車をローンで買ってくれればリストラしない。というような交換条件はどうなのかな。金利は会社が負担してあげてさ。
多くの企業がリストラをすれば、おのずと不安感が膨らみ車を買おうというような風潮ではなくなり、さらに車なんて売れなくなる。
派遣社員の人達は労働者であり顧客でもあるわけだから。

この状況を回避するには、皆が恐れず消費することではないかな。

どこぞの大手スーパーは馬鹿みたいにお互いに値下げ競争をしているが、消費者は本当に安いことだけが消費のポイントなのか...。僕はそうではないと思う。消費することによって得られる喜びという部分であり、他店より10円安いとかが喜びなのか....。
もっと別の顧客満足を求めるべきではないか!!

こういう世の中だからこそ、皆がお互い様だと思って、適価でお金を落としていけば、回りまわって自分が富が返ってくると僕は考えている。

僕自身も決して、今が富に溢れているって分けでもなく、皆さんと同様に不安で大変な時期ではあるのだが、だからといって貧乏臭く(僕が一番嫌いな事)ならないようにしたい。
クリスマスは今までで一番ゴージャスで楽しく明るいものにしたいね!

武士は食わねど高楊枝



以下本文とは関係ありません。
心温まる子供達のビーズ作品を見て、皆さん消費しましょう!!


子供達のビーズ作品1

子供達のビーズ作品2


日記 | 投稿者 ルートウエスト 20:39 | コメント(3)| トラックバック(0)

うちの店ではクリスマス・フェアーを開催しています。

こんにちは。
広島はあまり天候が良くないですが、皆さんの地域はいかがでしょうか?
僕のほうはまさに師走という感じで忙しい日々を送っております。
今はクリスマス・フェアーというのを開催しているんですよ。

広島の方でまだハーレーには乗っていないという方も一度バルコム広島店に遊びに来てください。
コーヒーくらいは出してお待ちしますので!!

クリスマス・フェア開催中

世の中、不景気とはいっても僧侶みたいな質素な暮らしではさすがに暗すぎますよね!
こんなときだからこそ、ハーレーにでも乗って楽しい日々を過ごしましょう。
僕のベースレッスン生も何人かはハーレーのオーナーになりましたし、今はハーレーなんて...って人でもバイクに乗って変わる人生ってのもあると思います。
特にミュージシャンにはお勧めです。ハーレーに乗って感じる“何か”は乗ったことのある人しか分からない気分と快感です。

2009年を新しい自分でスタートしたい人はぜひ僕にコンタクトお願いしますね!!


日記 | 投稿者 ルートウエスト 14:35 | コメント(3)| トラックバック(0)

ハーレーについての意見で思ったこと。

今日はハーレーにまつわる話を書こうと思う。
先日ネットサーフィンをしていたらネット掲示板で「ハーレーは値段が高いのだから、もちろん故障とかは無いのですよね。」という質問を見つけた。
こういうご意見は僕が仕事をしていても何度も聞いたことのあるフレーズなんだ。

僕はお客様から、上記のようなご意見をもらったら「ハーレーの値段は耐久性を保障した値段ではなく、ブランドとしての価値です。現行のハーレーは簡単には壊れませんが、機能部品が露出しているバイクという特性上、お客様のメンテも必要ですし、故障をする場合も当然あります。故障したら工具を出して自分で解決してみようっていう気持ちが必要な乗り物ですよ」と答えている。

僕はローレックスを持っているけど40分の1で買えるカシオGショックのほうがよっぽと壊れないし耐久性はある。
楽器も高級楽器のほうが繊細でメンテナンスは安価な楽器よりも頻度が多くオーナーの知識が必要だし耐久性は劣るともいえる。

「値段が高い=壊れない」というのは間違った考え方だと思う。だからといってハーレーが壊れやすいといっているわけでもないし、壊れても許してくださいと言っているわけではないよ。
ハーレーを乗るということは、多少トラブルがあろうと、故障しようと笑って受け入れられるということだと僕は考えている。それがハーレー乗りのマインドだと思っている。

故障やトラブルに神経過敏ならホンダのカブに乗るのが一番良いと思うし、自転車のほうがもっとよいかもしれない。

ハーレーの間口が広がることは良いことだけど、ハーレーはお金を出せば買えるというステージより上の乗り手を選ぶブランドであると僕個人は思っている。
ハーレーに乗りさえすればハーレー乗りではなく、ハーレーが似合う人格になるということが本当は必要なのかもしれない。

音楽の世界は楽器を買っただけでは当然ミュージシャンにはなれない。
楽器を操る技術や知識を磨いたものだけが、楽器の真のオーナーとなれる。
バイクは免許を取って買えば誰でも雑誌に載るようなカスタムバイクも旧車は買えるけど、それを所有したからといって人格までも高くなるわけでも何でもない。

僕はただ店頭でハーレーを売るだけの仕事はしたくないと思う。それなら自動販売機でも通販でもハーレーは売れるからね。
ハーレーは買いやすく、所持もしやすくなったけど、いまだにオーナーに試練を与えてくる数少ないブランドだから大好きなんだ。
この試練を与えることが無くなったら、ハーレーはスクーターのようになってしまう。

世界中で車が売れないって騒いでいるけど、それは車が優等生すぎだからちゃう?
趣向品に求めることは、完璧さでは無く不完全さであったり、オーナーが愛情を注いだときに始めてオーナーシップを味わえる深さであったり。
人はそういうものにお金を落とすのだと思う。
だから僕はハーレーは多少はラフな部分は残しておいてほしいし、別にこれ以上進化する必要もないし、優等生にはなって欲しくないと思う。
メーカーとはまったく違う意見かもしれないけど、そんなことを考えた今日この頃です。

写真はイメージです。本文とは関係ありません。
日記 | 投稿者 ルートウエスト 18:17 | コメント(0)| トラックバック(0)
<<  2008年 12月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
ホビダス[趣味の総合サイト]